MarkeZine Premium Seminar vol.4(2019.12.12)

今回の『MarkeZine Premium Seminar vol.4』のテーマは、「マーケティング2020 本質と革新」です。マーケティングにおけるトレンドはデジタル時代になって以降、ものすごいスピードで移り変わっています。その一方で、現在活躍しているマーケターの多くはトレンドに惑わされることなく、これまでのノウハウも駆使しながら様々な形で生活者にアプローチをしています。

本セミナーでは、マーケティングにおける不変的なこと、来るべく2020年に訪れるであろう最新のトレンドを、スピーカーの方とともに考えていきます。自社のマーケティング活動において、本当に取り組むべきことのヒントをぜひ本セミナーの中で探っていってください。

皆さまのご来場をお待ちしております!

Timetable
タイムテーブル

16:30~16:35 編集長挨拶

16:35~17:50 【第1部】パネルディスカッション

忘れてはいけない、マーケティングの本質を再考する(仮)

ゲストスピーカーをお招きし、4名程度でのパネルディスカッションを予定しております。

山口 義宏

山口 義宏(モデレーター)

インサイトフォース株式会社
代表取締役 戦略コンサルタント

東京都生まれ。東証一部上場メーカーで戦略コンサルティング事業の事業部長、東証一部上場コンサルティング会社でブランドコンサルティングのデリバリー統括などを経て、2010年に企業のブランド・マーケティング領域特化の戦略コンサルティングファームのインサイトフォースを設立。BtoC~BtoB問わず企業/事業/商品・サービスレベルのブランド~マーケティング戦略の策定、CI、マーケティング4P施策の実行支援、マーケティング組織開発及びマーケティングスタッフの育成を主業務とし、これまで100社を超える戦略コンサルティングに従事。

富永 朋信

富永 朋信

Preferred Networks(プリファードネットワークス)
執行役員CMO

1992年大学卒業後、コダック社に入社。以来、日本コカ・コーラ、西友、ドミノ・ピザ ジャパン、イトーヨーカ堂などでマーケティング関連職務を経験。うち、ソラーレホテルズアンドリゾーツ、西友、ドミノ・ピザ ジャパンおよび現職でCMOを経験。座右の銘はいろいろあるが、今のお気に入りは「鏡を信じるな」。社外の仕事としてイトーヨーカ堂顧問、セルム顧問、厚生労働省年金局広報検討委員、日経クロストレンド アドバイザリーボードなどを拝命。著書に『デジタル時代の商品企画』(翔泳社)

中村 淳一

中村 淳一

フェイスブック ジャパン株式会社
執行役員 マーケティングサイエンス ノースイーストアジア統括

消費財メーカー、P&G 消費者市場戦略本部として、柔軟剤ブランド「レノア」の日本立ち上げなどを担当。グローバルメディア、アジア地域ビッグデータ長を担当後P&G Japan執行役員。現在フェイスブック ジャパンの執行役員、マーケティングサイエンスノースイーストアジア統括。

coming soon

Coming soon.

17:50~18:00 休憩

18:00~19:15 【第2部】パネルディスカッション

マーケティング2020 〜これからのマーケティングの話をしよう〜

まもなく令和初の新年がやって来る。2020年は、東京オリンピック・パラリンピックが開催されるほか、5Gの商業化が開始するなど、大きな変化が続く一年となりそうだ。果たして2020年、広告・マーケティング業界はどのように変わっていくのだろうか。本セッションでは、「マーケティング2020」をテーマに、東京オリンピック・パラリンピック、5G、SDGsなど、様々な角度から業界の未来を探る。

江端 浩人

江端 浩人(モデレーター)

江端浩人事務所 代表

米ニューヨーク・マンハッタン生まれ。米スタンフォード大学経営大学院修了、経営学修士(MBA)取得。伊藤忠商事の宇宙・情報部門、ITベンチャーの創業を経て、日本コカ・コーラでiマーケティングバイスプレジデント、日本マイクロソフト業務執行役員セントラルマーケティング本部長、アイ・エム・ジェイ執行役員CMO、ディー・エヌ・エー(DeNA)執行役員メディア統括部長兼MERY副社長などを歴任。現在は事業構想大学院大学教授、エバーパークLLCおよび江端浩人事務所代表として各種企業のデジタルトランスフォーメーションやデジタルマーケティング人材の育成に尽力している。2020年開学予定のi専門職大学(仮称・設置認可申請中)教授に就任予定。

加治 慶光

加治 慶光

グロービス経営大学院教授
鎌倉市参与
プランテックコンサルティング顧問

銀行、広告会社を経てケロッグ経営大学院にてMBA修了。日本コカ・コーラ、タイム・ワーナー、ソニー・ピクチャーズ、日産自動車などで事業開発やマーケティングに携わる。内閣官房官邸国際広報室にて東日本大震災対応、ソーシャルメディア、オリンピック・パラリンピック招致、ダボス会議等を担当後アクセンチュアにてブランディング、オープン・イノベーション・イニシアティブ、働き方改革、地域拡張、SDGs統合プログラム等を推進。Slush Asia2016共同CMO、観光庁マーケティング戦略委員。共著に“パブリック・ディプロマシー戦略”などがある。

木村 真琴

木村 真琴

株式会社サンリオ
CMO マーケティング本部長

P&Gジャパン、ソニーマーケティング他にてブランドマネジメント・メディアプラニング・イベント企画・広告制作等を多岐にわたり経験後、2009年西友に入社。KY(カカクヤスク)・バスプラ・PBみなさまのお墨付き・ど生鮮・プライスロック等を新たなブランド資産として確立。2016年2月、西友のマーケティング本部 バイスプレジデントに着任。2018年1月、サンリオに入社し、現在に至る。

川嵜 鋼平

川嵜 鋼平

株式会社LIFULL
執行役員 CCO(チーフクリエイティブオフィサー)

1981年生まれ。2017年LIFULL入社。執行役員CCOとして、ブランド戦略、ブランドデザイン、プロダクトデザイン、コミュニケーションデザイン、研究開発、新規事業など、グループ全体のクリエイティブを統括。またクリエイティブ組織の戦略策定・育成・採用など、組織づくりも担う。カンヌライオンズ金賞、文化庁メディア芸術祭優秀賞を始め、国内外の160以上のデザイン・広告賞を受賞。

19:15~19:30 記念撮影&ネットワーキング

ご来場様、ご登壇者様、MarkeZine編集部で集合写真を撮影いたします。(後日Web版「MarkeZine」に掲載する可能性がございます。)

19:30 イベント終了

ご来場ありがとうございました。お気をつけてお帰りくださいませ。
定期誌『MarkeZine』を今後ともよろしくお願いいたします。

Present
3冊お試しについて

イベント(3冊お試し付き)にお申込みの方には、定期誌『MarkeZine』第46号、第47号、第48号の計3冊をプレゼントいたします。

  1. 第46号(2019年10月25日刊行)特集「IoT、5G、VR/ARがマーケにもたらす恩恵」
  2. 第47号(2019年11月25日刊行)特集「顧客ドリブンで変わるマーケティングの新常識」
  3. 第48号(2019年12月25日刊行)特集「空想から実現に導く、統合マーケティング(仮)」

※編集の都合上、内容を変更する場合があります。

【お届けについて】
第46号はお申込み完了後、第47号・第48号はそれぞれの刊行日に合わせて、本イベントの申込み時にご登録いただいたご住所宛てに発送します。発送から2~3日でお届け予定です。ポスト投函方式ですので、郵便受けの投入口のサイズにご注意ください。(誌面サイズ : 縦 28cm/横 21cm/厚さ 約5mm)

Premium
プレミアムサービス

イベント(3冊お試し付き)にお申込みの方は、お申込みいただいたアカウントでログインいただくと、2019年12月31日(火)まで定期誌『MarkeZine』年間定期購読者限定のプレミアムサービスをご利用いただけます。(※ご購読者の方は、ご購読期間中いつでもご利用いただけます。)

プレミアム記事

定期誌『MarkeZine』限定記事がウェブでも読める

巻頭インタビューや特集など、誌面掲載の記事(一部抜粋)をウェブでも公開しています。最新号だけでなくバックナンバーの記事もお読みいただけます。

MarkeZine Stock

データダウンロードサービス「MarkeZine Stock」

誌面に掲載したオリジナル調査などの図表データをダウンロードできるサービス『MarkeZine Stock』。企画書や資料で自由にご活用ください。

Outline
概要

名称 MarkeZine Premium Seminar vol.4
日時 2019年12月12日(木)16:30~19:30
(開場:16:00~)
会場 大崎ブライトコアホール
〒141-0001
東京都品川区北品川5丁目5-15 大崎ブライトコア3F
JR山手線・JR埼京線・JR湘南新宿ライン・りんかい線「大崎」駅より徒歩5分
主催 株式会社翔泳社 MarkeZine編集部
定員 150名(先着)
参加条件
  1. 定期誌『MarkeZine』をご購読中の方:購読1口につき2名様まで無料
  2.   または

  3. イベント(3冊お試し付き)にお申込みの方:25,000円+税
受付提出 参加証(代理参加の場合も)と名刺1枚

Previous
前回のイベント

前回のイベント

『MarkeZine Premium Seminar vol.3』では、話題の書籍『ビジネスフレームワーク図鑑』の著者である株式会社アンドの小野氏・宮田氏を講師にお招きし、「ビジネスフレームワークの共通言語化」をテーマにしたワークショップを行いました。マーケティング関連部署の方から新規事業担当、イノベーション推進室の方まで、多くの方にご参加いただきました。

前回のイベントレポート

>> マーケター&イノベーション推進者等が集結!ビジネスフレームワークの共通言語化を学ぶWSを開催しました

参加のお申込みにあたって

【ご購読中の方】

  • ご購読お申し込み1件につき2名様まで無料で参加が可能です。2名様同時申込はできませんので、恐れ入りますが1名様毎にお申込をお願いいたします。参加証は、ご入力いただいたメールアドレスへお申込完了後直ちに自動送信されます。
  • お申し込みの際には「Order No.」の入力が必須となります。「Order No.」は定期誌をご注文いただいた際の「注文受付のご連絡」メールの件名に記載がございます。
  • 当日は、参加証とお名刺1枚をご持参の上、受付までお越しください。
  • 申込者が出席できない場合は、代理参加が可能です。申込者の参加証と、代理参加される方の名刺をご持参の上、当日受付にて代理で参加される旨をお伝えください。

【3冊お試し付きにお申込みの方】

  • お申込み完了後、「注文受付のご連絡」という件名のメールが送信されます。また、別途、ご注文時にご入力いただいたメールアドレスへ、本イベントの参加証をお送りいたします。当日は、参加証とお名刺1枚をご持参の上、受付までお越しください。
  • 申込者が出席できない場合は、代理参加が可能です。申込者の参加証と、代理参加される方の名刺をご持参の上、当日受付にて代理で参加される旨をお伝えください。
  • 定期誌『MarkeZine』年間定期購読にお申込みいただくと、年間定期購読1口につき2人まで無料でご参加いただけます。
    ※年間定期購読にお申込み後、「注文完了メール」にてイベント参加方法のご案内を差し上げます。

個人情報の取り扱いについて

個人情報については、翔泳社の「個人情報保護方針」を基に、個人情報保護に関する日本の法令や規範を遵守し、本イベント以外の目的で使用することはありません。

お問い合わせはこちら

翔泳社 イベント事務局

MarkeZineについて

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信するマーケター向け専門メディアです。掲載記事、写真、イラストの無断転載を禁じます。

TOP

このページをシェアする

翔泳社HP

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5