MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

月次→週次に意思決定スパンを劇的改善
“大企業”サントリー酒類が超速PDCAを回せるワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2010/05/13 11:00

 アクセス解析は重要だが簡単な作業ではない。分析には時間が掛かるし、作成されたレポートも難解で直感的に分かりづらい――。そんな現状に課題を感じていたサントリー酒類は、広告効果測定システムの「WebAntenna」を導入。意思決定までのスパンを劇的に短縮することに成功し、成果につながっている。その内幕とは。【バックナンバー】

「施策が成果につながったか」直感的に分かるツールが必要に

 “実施した施策は、成果につながったか”。

 マーケターにとっては、広告のクリック単価やサイトのPVといった数字はあくまでオマケ。最終的には、事業の成長につながる成果を出せたかどうかが問われることになる。

 アクセス解析ツールやリスティング広告などの管理ツールを使ってデータを集めるという手もあるが、Webの専門家向けに作られたツールがほとんど。事業会社のマーケターにとっては「施策がどんな成果につながったのか、レポートを見てもピンと来なかった」。サントリー酒類株式会社 企画部 Webビジネス推進グループの室元隆志課長(写真左)は、打った施策の成果を直感的に理解できるツールの必要性を感じていたという。

 「グループサイトにバナーを貼ったら、どの程度の効果があるのか。リスティング、SEO、自社媒体、メルマガと、どんな施策を打てばどんな成果につながるのか、網羅的に見られるツールが必要だと感じていました」

 室元氏の部署のミッションは、Webで新しいビジネススキームを作ること。酒類の通販サイト「E-liquor」や、サントリーの酒類を扱ってくれる飲食店情報サイトの「サントリーグルメガイド」「BAR-NAVI」などのサイト運営とマーケティングスキーム開発を担当している。

 飲食店情報サイトを運営する背景には、店舗への集客を支援する代わりに、サントリーの酒類の取り扱いを増やしてもらおうという狙いがある。「サイトから集客を手伝うので酒類を置いてくれないか」と営業ツールの1つとして活用してもらおうという考えだ。

 ただ、例えば「特集を組んで集客しますから」という営業トークで口説いてきたのなら、1~2か月程度の短い特集期間のうちに成果を残さなければ、取引は打ち切られてしまうかもしれない。人気ブロガーを派遣して取り上げてもらう、メルマガからの集客を図る、といった施策で期間中に成果を残せるように手を打ってきたそうだが、その効果をもっと短いスパンで把握できないかと模索していたという。

 【参考情報】

 先進的なマーケティングに取り組むサントリー酒類株式会社も採用した広告効果測定システム『WebAntenna』の詳細は、ビービット社サイトに掲載されています。興味のある方はぜひご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載:成果を上げる!広告運用改善シナリオ

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5