MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Yahoo!と提携した中国No.1のECサイト「淘宝網(タオバオ)」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2010/06/23 13:00

 ヤフーとの日中・購入代行サービスをめぐる提携で日本でも一躍注目されつつある淘宝網(タオバオ)。日本ではまだあまり知られていないかもしれないが、中国ではEC流通総額の8割以上を握り、ネットユーザーなら誰もが使うサイトだ。注目サービスの概要・ビジネスモデルなどを紹介していく、この連載。今回は、このタオバオを取りあげてみよう。

“圧倒的No.1” 中国ECサイト最大手「淘宝網(タオバオ)」とは

 日中のナンバーワン同士が提携した“最強連合”――。Yahoo! ショッピングと中国のECサイト「淘宝網(タオバオ)」は、互いの商品データベースをAPIでつなぎ、日本から中国、中国から日本の商品購買を代行してくれるサービスの提供を2010年6月1日から開始した。冒頭の一文は、両社の提携をソフトバンクの孫正義社長が評した言葉だ。

 日本のポータル最大手であるヤフーがパートナーに選んだタオバオは、日本では誰もが知っているサイトとはお世辞にも言えず、まだまだ知る人ぞ知るレベルの知名度ではないだろうか。だが、日本での知名度に対し、中国ではECサイト最大手。しかも、ただのナンバーワンではなく“圧倒的”という冠を付けてもおかしくないほど中国で利用されているサイトだ。

タオバオのTOPページ
タオバオのTOPページ

 日本でECサイトと言えば、楽天市場やAmazonなどが思い浮かぶ。タオバオも“ECサイト”という意味では同じ分類になるわけだが、正確に言うと楽天市場やAmazonとは違う分類になる。提供している機能は同じECモールやオークションのサービスなのだが、ビジネスモデルが別物なのだ。

 楽天市場は主にBtoC向けのECモールだが、タオバオは個人の売り手と買い手を結び付けるCtoC向けのサービス。BがCとして売り手になっているケースもあるので、CtoCとBtoCの混在モデルと言える。そのため、楽天市場よりもeBayに近い。

 中国の調査会社iResearchによると、中国のEC市場規模は2009年、2483.5億元(約3兆3279億円)に達したという。一方、2009年にタオバオのサイト上におけるEC流通総額は約2000億元(約2兆6800億円)。実に中国の小売販売額の約1.98%を占め、ECに限ってみると80%以上がタオバオを介して行われていることになる。

 タオバオのすごさについて実感を持ってもらえるよう、日本における楽天のプレゼンスと比較してみよう。比較する年が違うので多少不利になってしまうが、経済産業省が発表している「我が国のIT利活用に関する調査研究」(電子商取引に関する市場調査)では、2008年の消費者向けECの市場規模は6.1兆円とされている。同年の楽天グループの国内流通総額(国内EC+トラベル)は9874億円。トラベルを含めて流通総額を算出したとしても、全体から見た楽天のシェアは約16.2%という計算になる。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 中嶋嘉祐(ナカジマヨシヒロ)

    ベンチャー2社で事業責任者として上場に向けて貢献するも、ライブドアショック・リーマンショックで未遂に終わる。現在はフリーの事業立ち上げ屋。副業はライター。現在は、MONOistキャリアフォーラム、MONOist転職の編集業務などを手掛けている。

関連リンク

バックナンバー

連載:知らないとマズい? Hit Service Showcase

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5