MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

旅行中もソーシャルメディア依存症が急増?
「旅行中にブログやツイッターに投稿したことある」92%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2010/08/25 13:15

 サイバー・バズは、旅行中のソーシャルメディアの利用実態調査に関する調査結果を発表した。9割以上の人が、ブログやツイッターなどのソーシャルメディア上で、旅の思い出や情報を公開していることが明らかになった。

 サイバー・バズのソーシャルメディア研究所は、7月から8月にかけて、ブロガーを中心としたソーシャルメディア利用者で10~70代の男女218人を対象に旅行中のソーシャルメディアの利用について調査を行った。

 自分が行った旅行について、ブログやツイッターなどのソーシャルメディアにアップしたことがある人は92%で、ほとんどの人がなんらかのメディアに旅行についての情報を投稿している。

 旅行中に活用するソーシャルメディアの1位は「ブログ」で、「mixi」、「twitter」、「アメーバなう」、「mixiボイス」が続いた。このデータで注目すべきは、「旅行から帰ったあとに記事を投稿するメディア」ではなく、「旅行中によく利用するメディア」である点だ。ブログ、ツイッター、mixiなど、異なるソーシャルメディアを使って、積極的に、ときにリアルタイムで情報発信している様子がうかがえる。同レポートが「旅行中も、ソーシャルメディア依存症候群 急増中!?」と指摘するゆえんである。

旅行中によく活用するソーシャルメディア

 また、旅行中に撮影した写真は、「メモリーカードやPCの中にデータ保存する」が49%で、「ブログやツイッターなどにアップする」が29%、「画像共有サービス(flickr、tumblrなど)にアップする」が2%、「現像する」は8%となっている。

【関連記事】
ロンリープラネット、旅行ガイドブックをiPad向け電子書籍として発売
この3年間に旅行した人としない人では何が違うのか?
クルマ・旅行だけでなく、若年層の「酒離れ」が進行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5