MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

米グーグル3Q決算発表、売上高は23%増
ディスプレイ広告とモバイル広告で成長

2010/10/15 12:30

 米グーグルは14日、2010年第3四半期の決算発表を行った。コアビジネスで強さを見せたことから、エリック・シュミットCEOもこの結果を高く評価している。

 米グーグルの2010年第3四半期(7月~9月)の売上高は、前年同期比23%増の72億9000万ドル。このうち、グーグルが所有するサイトの売上高は22%増の48億3000万ドル、Googleネットワークに参加しているパートナーサイトのAdSenseの売上高は22%増の22億ドルとなった。米国以外での売上高は53%増の37億7000万ドル。GAAPベースの営業利益は25億5000万ドル、純利益は21億7000万ドルで、いずれも前年を大きく上回っている。

 有料クリック数は前年同期比で約16%増、クリック単価は約3%増。また、パートナーに支払うTAC(Traffic Acquisition Costs)は27%増の18億1000万ドルで、広告の売上高の26%に達している。

 コアビジネスで成長を見せ、特にディスプレイ広告とモバイル広告が伸びたことから、グーグルのエリック・シュミットCEOは「グーグルにとって、すばらしい第3四半期となった」と喜びのコメントを発表している。

【関連記事】
AdWords利用支援企業向けサポートプログラム「Googleオープンビジネスパートナー」
グーグル、AdWordsのテキスト広告の文字数を増量
2015年にはグーグルとアップルの2強で 国内スマートフォンOSシェア8割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

この記事もオススメ


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5