MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ヤフー、楽天ら6社、迷惑メール対策技術普及のため
「Japan DKIM Working Group」設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2010/11/16 12:25

 インフォマニア、センドメール、ニフティ、パイプドビッツ、ヤフー、楽天の6社は、迷惑メール対策のドメイン認証技術「DKIM(DomainKeys Identified Mail)」の国内における普及推進のため、「Japan DKIM Working Group」の設立を発表した。

 メールの利用が進むにつれて、迷惑メールの問題も拡大している。迷惑メールの多くが、送信者のメールアドレスを詐称するなりすましメールであることから、ドメイン認証技術が開発され、正当な送信元のメールと詐称メールの判別が可能になり、なりすましによる迷惑メールを排除できるようになった。

 この送信ドメイン技術の中でも、特に注目を集めているのが「DKIM(ディーキム)」で、メールアドレスの詐称だけでなく、メール本体の改ざんも検知することができる。今回、インフォマニア、センドメール、ニフティ、パイプドビッツ、ヤフー、楽天の6社が発起人となり、このDKIMの普及推進のために「Japan DKIM Working Group」を設立。すでに、18社が参加を表明しており、今後は導入形態の標準化や情報提供、安全な電子メール環境確保のための事業者間の連携強化をはかる。

【関連記事】
Facebook、メールでもチャットでもシームレスにやりとりできる「新メッセージ機能」
彼氏に“おねだりメール”を送れるiPhoneアプリ「oneda.li」
「Yahoo!宅配」、メールアドレスかツイッターIDで荷物を送れるサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5