MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

大学生の9割がmixiを利用、ツイッター利用は2割強

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2010/12/07 12:15

 東京広告協会は6日、首都圏の大学生を対象に行った「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関する意識調査」の結果を発表した。

 東京広告協会主催の「大学生意識調査プロジェクト FUTURE2010」は、首都圏の大学に在籍する大学生1~4年の男女を対象に今年7月に調査を行った。調査対象は、駒澤大学、上智大学、成蹊大学、専修大学、東洋大学、早稲田大学。有効回収数は1239票(このうち816票を集計)。

 その結果、現在の大学生のツイッター利用率は23.4%で、登録していない人は6割を超えている。使っていない理由としては、「興味がない/なくても困らないから」「常に更新しないといけない感じがする/面倒くさいから」などがあがっている。

ツイッターの利用状況

 この調査では、ツイッターと区別してSNSについての調査も行っており、mixiなどのSNSについては、大学生は非常に親和性が高くなっている。SNSを利用している人は7割を超え、登録していない人は約2割となっている。

SNSの利用状況

 最も利用者の多いSNSは「mixi」で96.6%と圧倒的な強さを見せている。続いて「モバゲー」(18.4%)、「GREE」(14.3%)などが続いている。SNSでの交流メンバーは「同じ大学の中のいい人」という回答は9割近くにおよび、「小中高などの地元の人」「同じサークル・部活の人」が続いている。

大学生が利用しているSNS

 また、「SNS上での話を実際の会話でも出す」と答えた大学生は86.8%に及んでおり、交流を広げるというよりは、普段よく会う仲間内とのコミュニケーション手段としてSNSを活用している様子がうかがえる。

【関連記事】
ツイッターでのリーチで「piku」が「グルーポン」を上回る
ヤフー「2010検索ワードランキング」、「Twitter」「Facebook」も躍進
mixi、友人「0人」でもmixiアプリを利用可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5