MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スマホユーザーで最もアプリダウンロード率が高いのは10代女子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2011/04/21 20:40

 ディーツー コミュニケーションズ(D2C)は21日、スマートフォン利用実態調査の結果を発表。その活発なアプリ利用状況が明らかになった。

 ディーツー コミュニケーションズは、プライベートで使用するスマートフォンをもっている15~69歳の男女を対象に1月下旬に調査を行い、642件の回答を得た。スマートフォンを利用するようになって、外出先や移動中にインターネットを利用する頻度が「増えた」と答えた人は7割近くに達している。

 3か月以内にアプリをダウンロードしている人は86.0%で、男女ともに80%を超えている。最もアプリをダウンロードしているのは、15~19歳の女性で96.2%に達している。また、スマートフォンのタイプ別では、AndroidユーザーがiPhoneユーザーをわずかに上回っている。

3か月以内のアプリケーションのダウンロード状況

 有料アプリケーションに限定すると、ダウンロードしたユーザーの割合は47.6%と下がる。その中で、20~29歳の男性が57.7%と最も高い数値を示した。スマートフォンのタイプ別では、iPhoneユーザー(62.3%)が、Androidユーザー(35.8%)を大きく上回った。

3か月以内の有料アプリケーションのダウンロード状況

 有料アプリの平均ダウンロード数は3か月間で2.9個。3か月間に有料アプリケーションを購入した合計金額は平均で約1200円となった。男性は女性の倍近い金額を使っている。また、有料アプリのダウンロード率でAndroidを圧倒したiPhoneユーザーだが、合計金額の平均ではそれほど大きな差はついていない。

この3か月間にアプリケーションの購入にかけた合計金額
※合計金額は、金額の選択肢ごとにウェイト値を設定して算出

 スマートフォン向け広告の閲覧経験率とクリック率は、「ウェブサイトに表示されるバナー広告」が最も高く、「検索サイト上で、検索ワードに関連した文字広告」「アプリケーション上に表示されるバナー広告」が続いた。

各種スマートフォン広告等の接触状況 (N=624)

【関連記事】
au、Androidスマートフォン向け電子書籍配信サービス「LISMO Book Store」
「うつくしいくらしかた研究所」アプリを買うと教材も届く学習体験ツールを販売
レディ・ガガとソーシャルゲームのZyngaが提携か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5