MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

グーグルの中国撤退後、百度・捜狗のユーザー数が増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2011/05/16 12:50

 アウンコンサルティングは11日、中国の検索エンジン利用動向に関する調査をまとめた。グーグルが中国からの撤退を発表してから、百度(Baidu)や捜狗(Sogou)などの中国の大手サービスが大きく利用者数を伸ばしている。

中国からの撤退発表後も、グーグルへの高い支持

 アウンコンサルティングは、コムスコア社が提供するネット視聴率データをもとに、2011年3月度の中国検索エンジン利用動向をまとめた。グーグルは、中国政府が要求するウェブの検閲などをめぐって、中国政府と対立していたグーグルは、2010年3月に中国本土からの撤退を発表。「google.cn(中国サイト)」へのアクセスを自動的に「google.com.hk(香港サイト)」へリダイレクトする措置をとった。しかし、現在は中国サイトはサービスを提供しておらず、香港サイトへのリンクが設置されているのみとなっており、自動リダイレクト措置を停止している。

 グーグルの検索サービスのユーザー数を、自動リダイレクト措置を開始した2010年3月と2011年3月で比較すると、ユーザー数は16.6%減少。しかし、グーグルが中国撤退を発表した2010年3月に中国サイトのユーザー数がほぼゼロまで落ち込んだ一方で、中国本土から香港サイトへアクセスするユーザー数が大きく伸びていることが明らかになった。

中国 Google利用ユニークユーザー数推移
 
出典:コムスコア /メディアメトリックス(Media Metrix)2010年1月-2011年3月(以下2点とも)

 2011年4月の香港サイトからの遷移先の約半数が画像検索やGmailなどに移動しており、グーグルがユーザーから強い支持を受けていることが伺える。しかし、ビデオ検索やニュース検索ではユーザーが減少。特にビデオ検索では、2010年3月から4月にかけて約半数まで落ち込んでいる。 

中国 Google 各種検索サービスユニークユーザー数推移

好調な中国大手サービス、厳しさを増すグーグルの状況

 グーグルが中国で苦戦する一方、中国資本の検索エンジンは着実にシェアを伸ばしており、中国最大の検索エンジンである「百度(Baidu)」は、2010年3月から2011年3月にかけてユーザー数が約20%増加。中国大手ポータルサイト「捜狐(Sohu)」が運営する検索エンジン「捜狗(Sogou)」も、同じ時期にユーザー数を約2.5倍に増加させている。

中国 中国資本検索エンジンユニークユーザー数推移

 これに対して、グーグルの中国における状況はさらに悪化している。今年3月には、中国大手ポータルサイトのひとつ「新浪(Sina)」がグーグルとの提携を解消。また、中国では新たにオンライン地図サービスの運営に政府の許可が必要となるが、グーグルは中国政府に対して運営許可の申請をまだ行っておらず、申請の期日である2011年7月以降は中国でGoogleマップが利用できなくなる可能性もある。

【関連記事】
ビルコム上海法人、中国SOHUに「楽々日本」オープン
ZOZOTOWN、ソフトバンクと中国進出
グーグル、中国でのコンテンツプロバイダ免許を更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5