MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Google アナリティクスの新機能「マルチチャネル」 5つのレポートとその活用方法を紹介!(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2011/11/25 00:00

 今回は、Google アナリティクスの新バージョンでしか利用できない機能である「マルチチャネル」機能について紹介します。

新バージョンへの移行がいよいよ必須に

 11月1日に、米国のGoogle アナリティクス公式ブログでひっそりと、今までのGoogle アナリティクスの古いバージョンが2012年1月から終了するというアナウンスがされました。というわけで、新しいバージョンへの移行がいよいよ必要となりそうです。

 そこで今回から数回に分けて、Google アナリティクスでしか利用できない機能を紹介します。最初に紹介するのは「マルチチャネル」機能です。新しいGoogle アナリティクスの目玉機能と言っても良いでしょう。2回に分けてその機能や活用方法を紹介します。

「マルチチャネル」とは?

 マルチチャネルの機能を一言で説明すると「成果に繋がったユーザー単位の流入構造を見ることができるレポート群」となります。

 少し分かりにくいので、機能説明に入る前に考え方を説明します。今まで、Google アナリティクスでは、成果に繋がった流入元を確認することができました。例えば、リスティングで流入し資料請求をしたユーザーの行動は把握できます。

 しかし、以下のように「ユーザー」単位での訪問を見ると、確かに成果に繋がったのは「リスティング」なのですが、「リスティング」の前に「バナー」と「メルマガ」を経由してサイトを訪問していたとしましょう。

 今までは、「リスティングだけが成果に貢献していた」という点しか分かりませんでした。しかし、サイトへ初めて連れてきたバナーやメルマガも成果に何かしらの貢献をしたと言えます。

 このように、成果にたどり着いたユーザーの過去の流入経路が見えるようになったという点が、「マルチチャネル」の最大の特徴です。これにより、直前の成果だけではなくその手間の成果も把握することで、流入元の再評価を行い、集客のコスト削減とコンバージョン率の向上を実現することも可能になります。

 では、ここからもう少し詳しく説明していきましょう。以下は、3種類のリスティングキーワードの成果への貢献数です。こちらは、今までの成果に直接貢献した流入元でみています。


流入元 直接成果数
キーワードA 40
キーワードB 5
キーワードC 5

 これだけで見るとキーワードAが有効ですが、キーワードBとCはどちらも直接成果が少なく違いが無いことが分かります。しかし、これに対して間接的に成果に貢献した数値を追加してみましょう。

 ここで言う「間接的」とは、成果にたどり着いたユーザーがたどり着く前に訪れた流入元を意味します。

流入元 直接成果数 間接成果数
キーワードA 40 5
キーワードB 5 30
キーワードC 5 5

 キーワードBの間接成果数が最も高いことが分かります。つまり、キーワードBは成果にその後つながりやすいキーワードということを意味しています。もし予算削減のため、どれかキーワードを1つ停止するとしたら、キーワードBではなくキーワードCを停止したほうがよいことが分かります。

 もしキーワードBを停止してしまうと、その後の直接成果数が最大で30減る可能性があることをこのデータは示唆しています。このように今まで見えなかったデータを見ることによって、より精度が高い判断を下したり、施策の評価を行ったりすることができます。

 では、ここからは「マルチチャネル」機能で提供されていう5つのレポートを確認してみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 小川卓(オガワタク)

    株式会社リクルートにて、全社アクセス解析システムの導入・運用・サポート・教育を約5年担当。2011年より住宅情報サイト「SUUMO」のウェブアナリストを担当。KPI設計・モニタリング・分析・アトリビューションなどに取り組んでいる。ブログ「リアルアクセス解析」での執筆を中心に、執筆・講演・コンサルティングなど...

関連リンク

バックナンバー

連載:アクセス解析+α

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5