MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「マーケティングはデータありき。クリエイティブにも裏付けのある提案を」─成果につながるWebデザイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/02/23 08:00

 今回は、印象評価システム「クリエイティブサーベイ」を活用した提案に取り組んでいる株式会社オプトの取り組みを紹介します。

今回お話を伺ったのは…
株式会社オプト クリエイティブ本部 プランナー
小林 弘嗣さん

 

ツール活用でより本質的な問題解決へ

 ── 業務範囲について教えてください。

 小林:クリエイティブ本部という部署でソーシャルメディア、ランディングページ(以下:LP)、Webサイトのプランニングなどを担当しています。クライアントのご意見・ご意向を伺いつつ、もっと掘り下げて生活者視点で企画を考えています。それが、本質的な課題を解決することに繋がり、その結果として顧客満足を向上させ、WinWinの関係を構築できるのだと思っております。

 今までは制作ディレクター、いわゆる作り手側が提案を作っていたのですが、もっと横断的にクライアントの課題を解決する為にはどうしたら良いのかを考え、ストーリー性を持たせるということにも取り組んでいます。

 ──提案をする上での重要なポイントや、常に注意している点を教えてください。

 小林:提案をする際に重要なのは、生活者ニーズに基づいているかどうかという点です。総合広告代理店のマーケティングの部署にいた経験があるのですが、その経験からマーケティングはデータありきの世界だと感じました。特に、海外のクライアント様などは、プランニングから導かれたアイデアに対して常にデータによる裏付けが求められました。

リアルデータも組み合わせたペルソナが構築できる時代に

 ──サイトの解析やデータを収集する上で注意している点はありますか?

 小林:弊社が提供しているツールを横断的に活用することで、納得感の高い提案をするよう心がけています。弊社が提供しているツールの1つにADPLANというサービスがあります。このツールを利用すれば「アクセスログ」「広告効果測定データ」「ソーシャル上で取得できるデータ」など、提案をする上での必要なデータを取得することができます。

 さらに去年からCCCさんと提携することで、リアルデータとWeb上でのデータを結びつける取り組みもはじめています。この取り組みによって具体的なペルソナが構築できるようになりました。

 例えば、今まではWeb上のデータでは自動車サイトをよく閲覧しているので自動車に興味があるのではないかとか、ZOZOTOWNを閲覧しているのでファッションに興味があるのではないか、という程度のペルソナしか構築できませんでした。しかし、リアルデータを組み合わせることで「実際にはこういう嗜好をもったユーザー」と一歩踏み込んだペルソナを構築できるようになりました。

 また、データありきのマーケティングの中でクリエイティブもデータに基づいて提案できればいいなと思っていた所、クリエイティブサーベイを知り興味を持ちました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 田口 亮(タグチリョウ)

    慶応義塾大学経済学部卒業、音楽業界を経て FOURDIGIT Inc. 入社。2008年、同社の取締役に就任。大手企業を中心にWEBサイト、ディレクション・クリエイションを数多く手がける。2010年より消費者の印象意見を短時間で抽出する「クリエイティブサーベイ」の事業運営に携わる。2012年、人間中...

関連リンク

バックナンバー

連載:そのデザインちょっと待った!間違いだらけのWEBデザイン

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5