MarkeZine(マーケジン)

記事種別

上場企業の4割はウェブサイトの年間予算が決まっていない―「ウェブサイトに関するアンケート調査報告書」

2007/07/26 00:00

 全国の上場企業を対象に行われた、Webサイトの利用や運用・管理に関する調査結果が発表された。上場企業におけるWebサイトの年間予算や運用の問題点など、興味深いデータが多く、必見。

 ミツエーリンクス三菱UFJリサーチ&コンサルティングと共同で実施した「ウェブサイトに関するアンケート調査報告書-上場企業におけるウェブサイトの利用と運用・管理の実態-」を自社Webサイトにて7月26日公開した。

 この調査は、全国の上場企業を対象に、ウェブサイトの利用と運用・管理の実態を把握する目的で行われたもの。対象となった上場企業は3,905社で、うち427社から回答を得ている。上場企業におけるウェブサイトの利用用途を見ると、上位を占めるのは「会社概要の掲載・告知」や「IR」など定番のコンテンツ。しかし下位には「掲示板やブログなどのユーザーコミュニティ」があり、上場企業においてもウェブサイト利用の発展余地は大きいようだ。

 その一方でウェブサイトが抱える問題点・課題の上位には「業務に必要な人材が不足している、手が足りない」、「きちんとした効果測定が実施されていない、実施できない」、「ウェブサイト活用における明確な戦略がない」が並び、“人材不足” →“効果測定の不足” →“戦略立案ができない” →“予算が確保できない”という負のスパイラルが想定される。

 また、気になるウェブサイトの年間予算については、予算が決まっているのは全体の約半数(52.2%)で、4割強(41.6%)の企業で年間予算が決まっていないという。従業員数規模が大きくなるほど、年間予算が決まっている企業数の比率が高くなる傾向が見られる。具体的な年間予算の金額は、500万円未満の企業が過半数を占めている。

プレスリリース:「「ウェブサイトに関するアンケート調査報告書」を公開」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5