MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

マイクロソフトが次期ブラウザのDo Not Track機能をデフォルトでオンに、米ネット広告業界団体が懸念を表明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/06/01 11:35

 米マイクロソフトは5月31日、「Windows 8」のリリースプレビューを公開。トラッキングを防止する機能がデフォルトでオンになっていることから、米国のネット広告業界団体が懸念を表明している。 

 マイクロソフトがリリースプレビューを発表した「Windows 8」は、タッチスクリーンを搭載したデバイスのために最適化された新しいインターフェイスを備えている。このWindows 8に含まれるブラウザ「Interenet Explorer 10」は、セキュリティ、プライバシーが強化され、フィルター機能「SmartScreen」や追跡防止のための技術を取り入れている。

 Internet Explorer 10では、この追跡防止機能、いわゆる「Do Not Track」機能がデフォルトで有効になっており、マイクロソフトはこれによって、ユーザーが自分のプライバシーについて選択と管理することが可能になるとしている。

 米国ではブラウザを通じてトラッキングを行い、そこから得た情報を解析してマーケティングに活用する企業に対して、プライバシー保護の観点から、誰が情報を収集しどのように使われるのかなどの情報を明確にし、消費者自身がトラッキングを許可するか選択できるような仕組みを提供するべきだとする動きがある。今年2月には、オバマ政権が「Consumer Privacy Bill of Rights(消費者のプライバシー権利章典)」を発表。グーグル、ヤフー、マイクロソフト、AOLを含む主要なインターネット企業、オンライン広告ネットワークに、消費者がオンライントラッキングを簡単に制御できるよう、「Do Not Track」技術を使って、ブラウザでオンライントラッキングを簡単にコントロールできるようにすることを求めている。

 今回のマイクロソフトの発表について、米国のネット広告業界団体であるIABは懸念を表明。消費者の選択において後退を意味するだけでなく、多くの企業、特にパブリッシャーにとって打撃となるとしている。IABはすでにほかの業界団体と連携し、ホワイトハウス、FTC(米国連邦取引委員会)ととも広告の透明性向上、消費者のプライバシー保護のための取組みを行っており、今回の「Do Not Track」機能の初期設定は、消費者にとっても企業にとっても良い影響を与えないとしている。

【関連記事】
「広告の透明性を高めることで、政府の介入を防ぎたいと思っています」米IABインタビュー
米国ネット広告売上高、過去最高の310億ドル、モバイルが3ケタ成長【IAB調査】
IE8のプライバシー保護機能がオンライン広告業界に与える影響とは?
Googleがプライバシーポリシーを変更、検索サーバーのログを「匿名化」へ
Facebook、セキュリティ製品の半年分のライセンスを無料提供するページを公開
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5