MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「配信されたインプレッションのうち、31%は無視されている」 話題の“Viewable Impressions”は誰にとって有効な指標か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/09/26 11:00

  昨年初頭より、第三者配信による複数の広告施策の一元管理やDSP (Demand Side Platform) を使い、RTB(Real Time Bidding)で広告枠を買付することは当たり前のものとなりました。本連載ではそこから一歩踏み込んで、最新のアドテクノロジーを効率的に「運用」していく上での課題と解決策について、全4回にわたりご紹介していきます。第一弾となる今回は、最近話題の「Viewable Impressions」について、運用にいかに活かすかを事例に基づき検証していきます。

業界を賑わす「Viewable Impression」とは何か

 今年3月にcomScore社から興味深いデータがリリースされました。「配信されたインプレッションのうち、31%はユーザーの可視範囲に入ることなく無視されている」という刺激的な調査結果です。正確には、画面上に広告原稿の50%以上の面積が1秒以上露出していることを「InView」と定義しており、それに満たない広告表示が全体の31%に及んでいると言い換えることができます。

 こちらのデモページにて、InViewがどのようなものか実感していただけるようになっています。広告枠が青色に光れば、InViewとしてカウントされています。ぜひお試しください。

 InViewしているインプレッションを「Viewable Impression」として、この割合をどのようにあげていくべきか。また、InViewしていないインプレッションをどう考えるべきか。ここ数カ月オンラインマーケティング業界を賑わしている話題のひとつです。国内ではコスモロジー社が、InViewしなかったインプレッションコストの請求を行わない「次世代インプレッション保証型広告商品」をリリースするなど、具体的な商品も登場しています。

  しかしながら、実際の運用でこの「InView」という指標を活用するにあたり、キャンペーン全体の Viewable Impressionsの割合を高めることが必ずしも正しいとはいえません。CPM(Cost Per Mille)単価が低ければ、Viewable Impressionsの割合が低い広告枠も「買い」の判断になり得ます。

 つまり、「InView率」が低い「成功キャンペーン」が存在するということです。本稿が、ただ単にViewable Impressionsの割合を高めるのではなく、正しくInViewを使いこなすためのヒントになれば幸いです。

Viewable Impressionsを運用にどのようにフィードバックしていくか

 フリークアウトでは、DSPの開発、広告主様へのプランニング、運用、レポーティングといったサービス提供を行なっており、Viewable Impressionsの測定についても複数のキャンペーンで実施しています。下記に、弊社での運用最適化のステップをご紹介します。

  1. 運用目標を設定する(たとえば「Viewable Impressionsを効率的に獲得する」など)
  2. 通常通り配信し、広告枠ごとのViewable Impressionsの割合を測定する(=「InView率」とします)
  3. 広告枠ごとにViewable Impressionに対して支払った実質CPMを算出する(CPM50円の広告枠で、InView率が50%だった場合、Viewable ImpressionあたりのCPMは100 円)
  4. Viewable ImpressionあたりのCPMが一定額以上であった(もしくは上位20%など)広告枠への配信を停止し、効率の良い広告枠買付に予算を配分する

 このような流れで、1.で設定した運用目標を達成すべく配信先広告枠の精査を行います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 佐藤 裕介(サトウ ユウスケ)

    株式会社フリークアウト 取締役 COO2008年よりGoogleにて広告製品を担当。Google The Foundations of Leadership修了。Google退職後、複数の技術系スタートアップに対し出資、ソフトウェア開発を支援すると同時に、鉄道会社からレコード会社まで幅広くコンサルティングを...

  • 石井 Kay 慧(イシイ ケイ サトシ)

    株式会社フリークアウト Platform Development早稲田大学大学院 創造理工学研究科 建築学専攻卒業後、2012年、フリークアウト初の新卒として入社。フリークアウトではエンジニアとしてのバックグラウンドを活かし、技術ベンダーとのシステム連携、事業提携、およびセールス活動の標準化、自動化を中心に...

バックナンバー

連載:最新アドテクの効率的「運用」を考える

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5