MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ユーザにアプリを見つけてもらう「ASO(App Store最適化)」についてお話します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/09/04 12:00

 「SEO(サーチエンジン最適化)」について知っている人は多いと思いますが、「ASO」ってご存知ですか? 今回は、App Storeでユーザにアプリを見つけてもらうために欠かせない「App Store Optimization(App Store最適化)」について三橋ゆか里さんが解説します。

ユーザにアプリを見つけてもらうために欠かせない「ASO」

 皆さんはアプリを探すとき、どこでどうやって探していますか? 例えば「いい家計簿アプリはないかなー」と探していた場合。私はApp Storeを「家計簿」などのキーワードで検索します。実は、スマートフォンユーザの56%以上がこの方法で新しいアプリを見つけているんです。

 今回は、ユーザにアプリを見つけてもらうために欠かせないApp Store Optimization「ASO」(App Store最適化)についてお話しますよ。また、この連載記事を書くにあたって、「SearchMan」というツールを提供するAppGroovesの柴田尚樹さんにお話を伺っています。せっかく出しているアプリがターゲットユーザの手元にきちんと届くように、今日からさっそく実践してみてくださいな。

広告やプロモーションによるユーザ獲得の限界?

 個人開発者がつくったアプリから企業のブランディングのためのアプリまで、AppleのApp Storeには65万点以上のiPhoneアプリが存在しているそう。星の数ほどあるアプリケーションの中で、ターゲットユーザがきちんとアプリを見つけられる状態にあるのかはとっても大事。これはウェブサイトに置き換えて考えるとすごくシンプル。サイトを立ち上げる時にSEOを無視するおバカさんはいないもの。

 ところが、App Storeの検索になった途端にそれがまったく忘れ去られてしまっているのが現状。多くの企業がアプリの提供開始時にプレスリリースやプロモーションなどで盛り上げて、その結果ランキングに入ることで継続的なダウンロードを狙ってる。でも、これには費用もかかるし、特に広告などで獲得したユーザはアプリへのロイヤリティも低い。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 三橋ゆか里(ミツハシ ユカリ)

     ライター・記者。 オンラインショップ、UIコンサルティング会社、Web制作会社等を経て2009年に独立。日経デジタルマーケティング、TechWave、Tech in Asia(英語)などで執筆。また、女性誌のウェブサイトやスマホアプリ紹介の記事も手がける。アジアのITニュースが集まるS...

関連リンク

バックナンバー

連載:三橋ゆか里の「女性向けマーケティング☆ア・ラ・モード」

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5