MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Google アナリティクスの注目の新機能「リマーケティング」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/10/10 11:00

 この新連載では、Googleアナリティクスに加わった「リマーケティング」機能についてNRIネットコムの山田輝明氏が解説します。第1回は、この機能を使って何ができるのか、この機能の特徴を紹介します。

Googleアナリティクスの「リマーケティング」機能とは

 Google アナリティクス リマーケティングは、ウェブ解析サービス「Google アナリティクス」のひとつの機能として提供されるもので、同じくGoogle社のウェブ広告サービスである「Google AdWords」と連携して利用できる機能です。

 Googleが提供する「ウェブ解析」と「ウェブ広告」の2つのサービスが今まで以上の連携を成す、という点でも非常に大きな進化であると言えます。ここであらためて簡単に「Google アナリティクス」「Google AdWords」について整理しておきましょう。

「Googleアナリティクス」と「Google AdWords」

 Google アナリティクスは、ウェブサイトを訪れるユーザー行動や、トラフィックデータを分析できるアクセス解析ツールで、2005年の発表から7年の歴史を持ち、デファクトスタンダードになりつつあるツールのひとつです。一定の制限内で無料利用でき、日本の上場企業でも多くのウェブサイトで導入されています。米Royal Pingdomの調査では、世界のTOP1万サイトのウェブページの62%にGoolge アナリティクスが導入されているとのことです。

 一方、Google AdWordsは、ウェブを閲覧する多くのユーザーにリーチするために有効なクリック課金方式のウェブ広告(リスティング広告、ディスプレイ広告)であり、こちらも2000年の発表からすでに12年の歴史がある世界でも最大級のウェブ広告媒体です。

 この2つのツールは、もともと親和性高く設計されており、両者を連携させることで、AdWordsのデータをアナリティクスで閲覧したり、アナリティクスのデータをAdWords広告の次の施策に役立てることができます。しかし、これまでは「ウェブ解析」と「ウェブ広告」は異なる企業が取り扱っていることが多いのが現状でした。親和性が高いとはいえ、サイト分析はGoogleアナリティクス、広告出稿はAdWordsというように、機能としても、担当する部署や人材としても、役割分担されてきたのです。

 Googleが2012年7月27日に公式ブログで発表した「Googleアナリティクス リマーケティング」は、この両分野の歴史的な溝・垣根を埋めるために登場したとも言えます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 山田 輝明(ヤマダ テルアキ)

    山田 輝明 NRIネットコム株式会社 ウェブアナリストウェブ解析、ウェブ広告を専門とし、金融機関、製造業、流通業などの企業様向けにコンサルティングを提供しています。ユーザーデータを収集し仮説を立案するウェブ解析と、仮説に基づいた施策を実施しユーザーを獲得するウェブ広告。この両者を活用し、データ、仮説に基づいたウェブ戦略をリアルタイムかつ的確に展開します。資格:Google Analytics IQ、Google Advertising ...

関連リンク

バックナンバー

連載:「Google アナリティクス リマーケティング」が変える広告と解析の世界

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5