MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

【マンガ】スポンサードサーチはじめて物語 カリスマ店長のムーさんに聞きました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2007/08/30 16:45

基本的な使い方から最新情報まで、検索連動型広告にまつわるさまざまな話題をお届けする新連載「サーチ・マーケティング大学」の第一回目です。今回のゲストはMarkeZineの人気者、「樂(raku)」の関口むつみさん。自己資金5万円ではじめたお店が、検索連動型広告をきっかけに、なんと半年で、月商100万円を超えちゃったというお話です。

※2013年1月29日よりYahoo!リスティング広告はYahoo!プロモーション広告に名称変更しました。

今日のテーマは検索エンジンと集客術です

集客お役立ち用語集(1)……メルマガ/アフィリエイト/検索連動型広告

【関口むつみ】

 このマンガの主人公、関口むつみ。あだなは「ムーさん」。ネットショップを営む3児の母。最初は友人のアジア雑貨のネットショップをお手伝いしていたムーさんだが「やっぱり自分でもやってみたいなー」と思うようになり、2004年の7月に益子焼の器を扱うお店「和食器益子焼販売 楽raku」を開店した。

【季節による差】

 ムーさんのお店の主な商材はギフト向けの益子焼き。贈り物なので「敬老の日」「父の日」「ホワイトデー」などなど、季節のイベントに合わせた品揃えと集客がとっても大事。今は敬老の日(9/17)に向けてちゃくちゃくと準備中だそう。

【集客】

 みんなの悩みどころ&勝負ポイント。ムーさんの「樂」はブログ形式で作っているので、検索もされやすいし、コメントやトラックバックなどをきっかけに親しみやすさを再訪問につなげる工夫も◎。「あと、開店当時はブログブームだったので『ブログでお店を作る』こと自体が話題になるかなと思ったらホントにそうなったのよ」とのこと。戦略家だ。

【メルマガ】

 一度買ってくれたお客さんに向けて、自分の好きなタイミングでオススメ情報をお知らせできるのがメールマガジン。昔も今も、リピーターの獲得には欠かせない必須の販促アイテムだ。

【アフィリエイト】

 他の人のホームページやブログで自分の商品を紹介してもらうしくみ。広告費(販促費)の支払いは売れてからでOKという「成果報酬型」のシステムを取り入れている場合が多い。最近、ムーさんはこれに力を入れている。

【検索連動型広告】

 ムーさんのお店はこれでブレイク。自分のお店や商材に関連するキーワードを指定して、その言葉が検索された時に、検索結果ページに広告を表示するしくみ。例えばムーさんの場合「マグカップ」と検索した人にだけ、ピンポイントに「かわいいマグカップ ホワイトデーの贈り物にぴったりなマグカップが送料無料」のような広告を見てもらえる。

【ヤフー】

 日本でいちばん多くの人が集まる検索サイト。これを集客に活用できるかどうかで、ネットショップの売上は大きく変わる。2005年春、ヤフーの検索に法人以外も広告が出せるようになったのがきっかけでムーさんのお店は売上3倍になった。ヤフーの検索結果に広告を出せるのがオーバーチュアの「スポンサードサーチ」だ。

 ★いきなり3倍はすごいですね。んじゃ次のページからは、検索連動型広告のコツを教えてください!★


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 関口 むつみ(セキグチ ムツミ)

    1974年東京うまれ。化粧品販売、2トントラックのルートドライバーなどの職を 経たあと、LAN設置工事や社内サーバ管理など行う。 2003年に知人のネットショップ構築を支援したことがきっかけで、インターネット通販に興味を持つ。2004年7月、開店資金5万円で、ブログを利用したネットショップ「和食器益子焼販売 楽raku」を開店。2005年10月より益子焼大手専門店「やまに大塚」と提携し、主に広告・集客・顧客対応・キャンペーン企画などを中心に業務を行う。 現在はネットショップオーナーの仕事、主婦業、3児の子育てのほか、ネットショッ プ運営に関する執筆、講師活動なども行う。

バックナンバー

連載:Yahoo!プロモーション広告をマンガで理解!

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5