MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

初心者Webマーケター向けソーシャルメディアマーケティング実践編[4] 先進企業事例に見る、ユーザーの声の集め方・活かし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/11/01 11:00

 Webマーケターなら知っておきたいソーシャルメディアマーケティングについて解説する、短期集中連載です。実践編第4回目の今回は、ユーザーからの意見を集める手法とその活かし方について、実例を中心でお伝えします。いよいよ最終回です!

ソーシャルメディアを活用し、低コストでユーザーの声を集める

 近年、ソーシャルメディアを通じたユーザーとのコミュニケーションによって、自社の満足度向上につなげようとする動きが増加しています。

 ユーザーの声は、商品・サービス等を改善するため等に大いに役立つものです。これまではその声を集めるために、アンケートやサンプリング、モニター、試食会など、多額のコストがかかる手法をとらなければなりませんでした。しかし、ソーシャルメディアの登場により、小さなコストでユーザーの生の声を集めることが可能になったのです。

米DELL:ユーザーから要望・アイディアを募り、サービスを改善

 たとえば米DELLでは「Idea Storm」と呼ばれる、ユーザーからの要望やアイデアを募るサイトを公開しています。集まったアイデアを元に、2年間で200件以上(2008年末時点)の商品、サービスの改善を実現しています。アイディアを取り入れ実際に改善する姿勢は、ユーザーに高く評価されています。

米DELLは「Idea Storm」でユーザーの満足度アップ

 ユーザーの声が集めやすいということは、クレームが投稿され、他のユーザーに広がる危険性もはらんでいます。しかしこれは、商品・サービスを改善するチャンスととらえればいいのです。不満を持っているユーザーがいることは事実なのですから、この機会に改善するよう前向きに考えて活用しましょう。

資生堂マジョリカマジョルカ:ユーザーにお題に回答してもらい、ランキング作成

 マジョリカマジョルカは、Facebookでお題を出して、ユーザーからの回答によってランキングを作成しています。これまでに「この夏涼しくすごせそうな色は?」「バレンタインが近づく、今回のお題…想いを伝えるのに使いたい色はどれ?」「うっとり、女の子気分を高めたいときにはどのアイテム?」など、さまざまなお題が投稿されました。

 ランキング上位の商品は、ファンなら購入したくなる可能性が高いでしょう。同社はアンケートアプリpollを使っていますが、Facebookには無料でアンケートを募集できる「Facebookクエスチョン」という機能もあります。Facebookページに「いいね!」していないユーザーにも広く意見を聞くことができるので、参考になる意見が聞けるかもしれません。

マジョリカマジョルカのFacebookアンケートは販促に効果あり

大阪王将:Q&Aサイト「おけったー」でハッシュタグをフル活用

 Twitterでも意見を聞くことができます。たとえばQ&Aサイト「おけったー」を使えば、ユーザーからさまざまな意見を集めることができます。おけったーから回答してもらうと、Twitterにもハッシュタグつきで投稿され、意見やアイデアなどが一覧で表示されて見やすく、拡散も見込めてお勧めです。

大阪王将はおけったーを活用しアイデア、意見等を集めている

 大阪王将はこれまでに、「大阪王将は多くのメニューをお持ち帰りいただけますが、お気に入りのお持ち帰りメニューや、このメニューもテイクアウトできたらいいのにというものを教えてください」「大阪王将では昨年に引き続き、冷凍食品シリーズのバーコード3枚で現金1万円を2000名様にプレゼントするキャンペーンをしています。昨年も質問しましたが…この1万円、あなたなら何に使いますか?」など、意見を集めたり、告知効果を狙う使い方などをしています。

 アイデア次第で、まだまだいろいろな使い方ができるはずです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:初心者向けソーシャルメディアマーケティング入門

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5