MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

シニア世代のネット通販、約9割が「楽天市場」利用【シニアの消費に関する調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2013/01/15 12:30

 ゲインとZENは「シニアの消費に関するアンケート調査」結果を発表した。

 ゲインとZENは「シニア・ナビリサーチ」の会員を対象に「シニアの消費に関するアンケート調査」を実施した。

 ここ3か月で購入したものをたずねたところ、1位「食品」90.0%、2位「お茶・清涼飲料」69.5%、3位「日用消費物」66.6%となり、トップ3は全て生活必需品であった。

 男女別で見ると、ほとんどの商品が男性よりも女性の方が高い結果に。特に女性は生活必需品と同様に「衣料品」「化粧品」を購入する割合が高い。

 利用するネット通販サイトについては、1位「楽天市場」89.4%、2位「Amazon.co.jp」55.2%、3位「Yahoo!ショッピング」27.0%であった。「楽天市場」の利用率は約9割となり、断トツ首位であった。

 男女別で見ると、「価格.コム」の男性12.9%に対し、女性4.2%と8.7ポイントの差が生じた。「価格.コム」は男性の利用率が高いことが特徴といえる。

 性・年代別では、「ベルーナネット」「セシール」「ニッセン」に女性60代が高い数値を示した。女性60代はファッション通販サイト利用率が高い模様。

 年収別では、1,000万円以上の層は「Amazon.co.jp」「Yahoo!ショッピング」「価格.コム」の利用率が全体に比べ高い結果に。特に「Amazon.co.jp」の利用が高い傾向にある。

 また、1か月で「食品」にかける金額については、全体では「10,000円~30,000円未満」が最も多く28.8%という結果になった。

 性・年代別で見ると、家庭の台所を預かる主婦層が多い女性50代の消費が最も高く、「30,000円以上(計)」が6割を超えた。

 年収別では、1,000万円以上の層は「30,000円以上(計)」が約6割という結果に。特に「50,000円以上」が3割を超え、他の層よりも圧倒的に高い数値となった。一方、300万円未満の層は「10,000円~30,000円未満」が4割を超え、他の層よりも10ポイント以上高かった。

【調査概要】
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:全国50代以上の男女
調査時期:2012年9月27~28日
集計対象数:1,000名

【関連記事】
国内通販市場の調査結果発表~2012年は前年度比8.0%増見込み
通販売上高、5兆円台を突破、ネットが牽引【JADMA調査】
通販利用者の7~8 割が「楽天・アマゾンの利用者」 両社の間でユーザーの棲み分けが?
楽天を経由してアマゾンで購入する消費者の行動が明らかに
楽天直営ネットスーパー「楽天マート」オープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5