MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

北欧の街の小さな工具店、生き残りをかけたO2Oプロモーションで売上が25%UP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「ブログタイムズBLOG」からの厳選記事を紹介するこの連載。今回は、スウェーデンの小さな工具店が、生き残りをかけて考案したO2O企画を紹介します。キーワードは「ついで買い」です。毎週水曜日更新。

キャンペーン概要
  • 時期:2012年12月
  • 国名:スウェーデン
  • ブランド:Malmo Hardware Store
  • 業種:工具店

小さな工具店が考えた「新しいシェア」のかたち

 スウェーデンにある街の小さな工具店Malmo Hardware Storeが仕掛けたユニークなプロモーション。

 この街では大規模なホームセンターが郊外にいくつもできたことにより、小さな工具店は次々と閉鎖され、唯一残った同社は何としてもホームセンターとの差別化を図り、生き残っていくための新たな企画を模索していました。

 あるとき同社は、お店の売上の大半がペンキやクギや修繕テープといったいわゆる「消耗品」から成り立っていて、大抵1、2回しか使用しないような電動ノコギリや電動釘打ち といった「専門工具」は大した売上になっていないという点に着目しました。

 そこで着目したのが自家用車の相乗り方式、いわゆる「カープール(Carpool)」。これにヒントを得て、専門工具を“無料”で貸し出す「Toolpool」という企画を実施します。

 ユーザーは「Toolpool」のフェイスブックページで会員になり、借りたい工具と借りたい日をセレクトするだけ。すると選んだ専門工具を貸し出してくれる店舗が表示されるので、あとはセレクトした当日にその店舗に行って工具を受け取るという流れです。

 店舗に専門工具を借りに来たお客さんは、ついでにペンキやクギや修繕テープといった消耗品を合わせて購入してくれます。これこそが同社が「Toolpool」を企画した最大のポイントです。なお、同社は無料で専門工具を貸し出す代わりに、会員にFacebookでこの「Toolpool」についてシェアしてくれることも促し、口コミにより会員の獲得を図りました。

 この試みは新聞や雑誌、Webなど数多くのメディアで「斬新で素晴らしい取り組みだ」と報道され、会員数の増加にも寄与しました。この結果、お店の売上は工具を借りに来た会員による“ついで買い”の効果もあり、25%も上昇しました。

 リアルとネットを連動させて顧客を店舗に誘導し、お金を落としてもらうユニークなプロモーション。大変参考になるクレバーな仕掛けですね。頭いい!

動画はコチラ

参考サイト

 ・Ads Of The World

先週の紹介キャンペーン

 記事転載元:ブログタイムズBLOG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載: 「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5