MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ヒストグラムが割れたのはなぜか?
データから異変を察知して、サイトを改善してみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2013/07/08 10:00

 前回ご紹介した4つの手順は、私が実務で行っていることのすべてを網羅していると言っても過言ではありません。今回はこの4つの手順を用いて、データを見て実際にサイトを改善していくまでの流れを、ECサイトを例に説明していきます。

数値は、ぼんやり見ているだけではダメ

 昨今、「ビッグデータ」という言葉をよく耳にしますが、データの表層をぼんやり見ているだけでは、まったく意味がありません。データは複数の数値と比べて見たり、セグメントしてようやく見えてくるものです。その上で、思いつきやカンではなく、データに基づいたアプローチ、ソリューションを展開していくことにより、底堅くサイトは成長していくものと考えます。

 今回は、前回紹介した4つの手順を、より実務に近い形でECサイトを例に説明していきます。

手順1:まず大雑把に把握すること ~売上をチェック~

 いったん他の指標や難しいことは忘れて、サイトの重要な数値のみを大雑把に把握します。今回はECサイトが例なので、まずは日別の売上を出してみました。

手順2:グラフ化すること ~7日間単純平均移動を使う~

 大雑把に把握した後は、必ずグラフ化します。早速行ってみました。

 数日置きに売上が伸びていることがわかります。このサイトは、土日に伸びるサイトのようです。サイトには、土日に伸びる、土日は下がる、夏休み期間は伸びるなど、トレンドがある場合がありますので、しっかり把握しておくことが大事です。

 ただ、この凹凸のあるグラフでは、この期間で上がり調子になっているのか、下がり調子になっているのかわかりにくいので、7日単純移動平均という数字で見てみます。「なぜ7日か」というと、1週間の平均のデータでグラフを確認したいからです。

「7日間単純移動平均」で見えてくること

 まず、4月7日の数値を出すには、4月1日~4月7日のデータを足して、7で割り、その期間の平均を出します。4月8日は4月2日~4月8日のデータの平均を出し、それをグラフ化します。そうすると、図のように土日の凸凹が均され、結果4月は下がり調子だったことが如実に表れます。

 エクセルでは、この7日間単純移動平均は、[近似曲線のオプション]でさっと確認することができます。グラフの線を右クリックし、[近似曲線の追加]→[近似曲線のオプション]で[移動平均]を選択し、「区間」を「7」で設定すればOKです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 田宮 直人(タミヤ ナオト)

    システムエンジニアとして、大手新聞社のサイトを複数立ち上げ、その後起業を経験。2011年にサイバーエージェントにエンジニアとして入社し、在籍中にアナリストに転身。その後、フリーランスとして、DMM、レバレジーズの解析周りのコンサル、構築、アナリストとして活動中。Twitterhttps://twitter.com/tamiyana

バックナンバー

連載:大事なことは4つのみ! 数値を見てサイトを改善する方法

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5