MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スパイスボックス、視線の動きとユーザーの生の声を記録した、アイトラッキング動画データ販売開始

2007/09/21 00:00

 ユーザーがウェブのどこを見ているかが一目でわかるアイトラッキング調査は、ユーザビリティ向上のためのおなじみの手法だが、スパイスボックスは視線の動きだけでなく、閲覧時のユーザーがしゃべっている感想も記録した動画データを販売するサービスを開始した。

 スパイスボックスは、アイトラッキング調査の被験者音声入り動画データを販売するサービスを、9月20日から「eye-tracking.jp」サイト上で開始した。

 「アイトラッキング調査」とは、サイト閲覧中のユーザーの視線を視線解析システムによって計測し、サイトの使われ方を分析・評価するもので、同社の調査サービス「eye-spice」は、アイトラッキングと簡易インタビューの組み合わせで行われる。今回、販売を開始した「アイトラッキング動画データ」には、視線の動きだけでなく、閲覧時のユーザーの声も記録され、ウェブページを見ながらユーザーがどんな感想を持ったのか、どんなコンテンツに興味を持ったのかを知ることができる。

「アイトラッキング動画データ」の再生画面。
分析中の画面はスパイスボックス社のサイトのトップページ。
画像はプレスリリースより転載。

 アイトラッキング動画データの料金は、1サイト閲覧に被験者1名として10,000円。被験者が3名の場合は27,000円、5名の場合は45,000円で、調査時には被験者のサイト閲覧方法を指定することが可能。作成した視線追跡動画データはAVI形式でCD-Rで納品される。

プレスリリース:「株式会社スパイスボックス、アイトラッキング調査の音声付き動画販売サービスを開始」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

この記事もオススメ


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5