MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

メールの効果は落ちていない!ドクターシーラボの「おもてなしEコマース」を実現するメールマーケティングとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2013/11/06 11:00

 LINEやソーシャルメディアが浸透し、「メールの効果が落ちた」と、ときに耳にする。その理由として「ユーザーがメールを見なくなった」という声を聞くが、実際のところ、EコマースでのCRM施策は以前と変わらずメールが中心である。10月4日に開催されたMarkeZine Day 2013において、エクスペリアンジャパン株式会社の提供により、「ドクターシーラボの考える今後のメールマーケティング~おもてなしEコマースの実現へむけて~」と題し、株式会社ドクターシーラボの西井敏恭氏による講演が行われた。

マルチチャネル展開を進めるドクターシーラボのEコマースの歴史

 「ドクターシーラボの考える今後のメールマーケティング~おもてなしEコマースの実現へむけて~」と題した講演を務めるのは、株式会社ドクターシーラボ マーケティング部 eコマースグループの西井敏恭氏。ドクターシーラボのeコマースグループを統括している西井氏は、世界一周の旅を行い、旅行記を出版したという異色の経歴を持っている。

株式会社ドクターシーラボ マーケティング部 eコマースグループ 西井敏恭氏

 「ドクターシーラボは1999年に誕生しました。年商は350億円弱。6割が通信販売、4割は百貨店やドラッグストア、バラエティショップ経由の売上げです。当社に対しては通販のイメージを強く持っていらっしゃる方が多いかと思いますが、百貨店のように対面販売のお店も150店舗ほど構えており、マルチチャネルで販売しています」

 2001年にオンラインショップを立ち上げ、今や化粧品通販において名の知れた存在である同社だが、低迷期を経験したこともあったという。「2005~2006年頃からEコマースの売り上げが低迷し始めました。当時は『見込み客の少なさ』が課題だと思い、集客施策に力を入れ、見込み客にサンプルを配り続けました。当然、Web上の集客施策においても、SEO対策、アフィリエイト、リスティング広告、メルマガ……と色々なことに取り組んでいました」

 しかし、「新しい見込み客は沢山集まったが、売上げが上がらなかった」。西井氏は当時の心境を吐露する。「商品力の問題か?販路の問題か?それとも単なる不景気なのか……社内では様々な議論がありました」

ブレイクのきっかけは新規獲得ではなく、既存顧客のリピート率アップ

 もう一度自社の強みについて考え直した結果、導きだした結論は「シーラボらしさ」を追求することであった。ドクターシーラボを創業した城野親德氏は皮膚科医であり、同社は現在も、本社があるビルの敷地内に皮膚医学・皮膚科クリニックを設けている。

 「日々患者様と接することで、医療現場の声を聞き、すぐに商品やサービスに反映しています。商品は流行りそうだから作っているのではなく、お客様が求めているから作るのです。当社の強みは現場を持っていること。この強みをWeb戦略にも活かそうと考えました」

 そこで同社は、「商品を買うだけの商品カタログや自動販売機ではなく、インタラクティブなECサイトを作る」との方針を打ち出した。例えば、他社商品への誹謗中傷や商品と直接関係のない口コミ以外はすべて開示する、顧客の悩みに顧客が応え、ユーザー同士がコミュニケーションする場を作る、そしてキャンペーンなどの企画はほぼすべてユーザー参加型のものにする、などを次々と行っていった。

ドクターシーラボが展開するユーザー参加型のキャンペーン

 「その結果、新規売り上げは毎年ほぼ同じくらいなのですが、既存のお客様からのリピート率が徐々に向上し、全体の売上では20億円から100億円まで伸びました。おかげさまで2007年以降は、お客様の投票によるYahoo!通販コスメ大賞で1位をとり続けています」と西井氏は語る。

ドクターシーラボの「おもてなしEコマース」を実現するメールマーケティングとは?

講演内で紹介したキャンペーンマネジメントソリューション 「MailPublisher suite」 のサービス資料をダウンロードしていただけます。
※リンクをクリックすると外部サイトへ遷移します
本講演の関連資料ダウンロードはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 齋藤麻紀子(サイトウマキコ)

    フリーランスライター・エディター74年生まれ、福岡県出身、早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。 コンサルティング会社にて企業再建に従事したのち、独立。ビジネス誌や週刊誌等を通じて、新たなビジネストレンドや働き方を発信すると同時に、企業の情報発信支援等も行う。震災後は東北で起こるイノベーションにも注目、...

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZine Day 2013

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5