MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

2013年のRTB経由ディスプレイ広告市場規模、前年比153%の392億円【マイクロアド調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/01/31 13:30

 マイクロアドが実施した調査において、2017年のRTB経由の広告取引はスマートフォン向け広告がパソコン向け広告を上回る規模に成長すると予測された。

 マイクロアドは、2012年から2017年までの日本国内におけるRTB経由のディスプレイ広告市場に関する調査を実施し、試算した市場規模を発表した。

概要

 RTB方式による広告配信は、日本国内においては2012年から本格的な普及が始まった。利用企業の拡大が続き、2013年での市場規模は392億円まで拡大したと推測。

 2014年のRTB経由広告市場は、日本国内の景気回復を背景に、インターネットの影響力向上によるディスプレイ広告市場の規模拡大に比例して引き続き成長していく見込み。2014年から2015年にかけてはスマートフォン向けのRTB経由の広告取引が大きく拡大し市場を牽引していくものと見られる。

 2015年以降も、複数の大手ポータルサイトやSNS事業社によるRTB経由のディスプレイ広告配信面の拡大、またスマートフォン向けインターネットサービス事業社のディスプレイ広告利用の促進や海外事業社の日本国内への広告事業参入などにより、RTB経由の広告取引は引き続き活発化し、2017年にはその市場規模は1,000億円を突破すると予測される。

RTB経由広告市場、2017年にはスマホがPCの規模を上回る

 デバイス別ではパソコン向け広告市場の伸びは鈍化していくものの、モバイルインターネット端末の利用拡大とディスプレイ広告の配信メディアとしての地位向上を背景に、スマートフォン向けのRTB経由の広告取引は拡大を続け、2017年にはパソコン向け広告を上回る規模に成長するものと推測される。

2014年の市場予測

 高効率で費用対効果の高いアドテクノロジーを用いた広告配信は拡大を続ける一方、通信の高速化と費用定額制の普及により、パソコン・スマートフォンともに動画などを用いたリッチ広告も浸透していくものと思われる。また、RTBを経由した広告取引により、広告主は対象とするユーザー群を指定して配信する広告を効率的に運用することができ、蓄積したビッグデータをインターネットマーケティングに活用するシーンも増加するだろう。

 今後も媒体社のディスプレイ広告在庫の大部分がRTB方式に移行されることが予想されるほか、スマートフォンやタブレット端末の利用増加に伴うディスプレイ広告の在庫拡大などがRTB経由のディスプレイ広告の普及を後押しし、2014年以降もRTB経由のディスプレイ広告市場は強い伸びが期待される。

RTB(Real Time Bidding):広告の表示毎にオークション方式で最適な広告を選択する仕組み。接続した広告配信事業者は、この方式を利用してそのインプレッションが広告主にとって最適と判断される場合にのみ入札を行う。インプレッション毎に、閲覧ユーザーや広告掲載面、フリークエンシーなどの情報を分析して、最適と判断できる場合にのみ入札を行うので、広告主に対して費用対効果が高く、効率的な広告配信を提供することが可能になる。

【関連記事】
デジタル時代の広告人・マーケター注目!『ザ・アドテクノロジー』出版記念イベントを開催!
SSPとDMPを融合した新世代広告配信プラットフォーム/medibaの新戦略発表
RTBが米国オンライン広告を牽引、RTB経由のディスプレイ広告費は73%成長
DAC、インドで展開するアドテク企業ZEDOへ出資、1000億imps規模のグローバルなRTB在庫の獲得が可能に
サイバーエージェント、アドテク本部設立へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5