MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ECサイトの検索で「該当0件」が表示された場合、「別サイトで購買する」は59%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/05/14 15:00

 ゼロスタートの調査で、ECサイトの検索結果に「該当0件」が表示されたときのユーザー行動が明らかになった。

 ゼロスタートの「ECサイト内検索に関する意識調査」によると、買い物目的でECサイトを訪問した消費者の84%がサイト内の検索を利用している。しかし、ECサイトで検索をしたときに「該当するものは0件」と表示された経験がある人は全体の94%を占め、その表示を見たときの心情は、1位「がっかりする」、2位「他のサイトで探そうと思う」、3位「不愉快になる」という順になった。

購入できると目星をつけたECサイト内検索をして
商品がみつからなかった場合どうしますか?(n=500)
購入できると目星をつけたECサイト内検索をして商品がみつからなかった場合どうしますか?(n=500)

 また、ECサイトで、「サイト内検索で目的の商品を見つけられなかった」経験を持つ人は79%にのぼっており、「根気よく同サイト内を検索する」と答えたのは5%。59%が「諦めて別のサイトで購入する」、29%が「近くの店舗で購入する」と回答している。

 

 ECサイトでの「がっかりしたこと・残念なこと」としては、1位「商品の在庫が無かった」、2位「探している商品が見つからなかった」、3位「探している商品を探すのに苦労した」といった商品購入の導線に直結する項目を挙げる人が多い。

【調査概要】
・インターネット調査
対象:全国在住の20代~50代の男女500名、「直近1か月の間に2回以上ネットで買物をしたことがある人」

【関連記事】
Zoff、ECサイトリニューアルで売上120%アップ
NTTアイティとデジタルフォレスト、サイト内検索とアクセス解析のログ連携ソリューション
パワービジョン、ネットショップ口コミサイト「Shopre」リリース
JINS、コラボモデル専用オンラインショップ「JINSコラボチャネル」開設
神戸デジタル・ラボとシルバーエッグ・テクノロジー~レコメンド表示付き検索機能を提供へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5