MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

きっかけは妻のある行動 宣伝費ゼロで合計300万DL突破!「My Heart Camera」「Pico Sweet」ができるまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/08/11 08:00

 本連載ではiPhone向け写真加工アプリ「My Heart Camera」「Pico Sweet」を提供するアンジーが、宣伝費をかけずに333万以上のダウンロードを獲得するまでの道を紹介します。今回はアプリ開発のきっかけやコンセプトワークに関するお話です。

宣伝費ゼロで300万ダウンロードを超えた秘訣

 こんにちは! スマホアプリや雑誌・書籍の企画制作を行う会社アンジーの森と申します。私たちが提供するiPhone向け写真加工アプリ「My Heart Camera」と「Pico Sweet」は、広告宣伝費はゼロにもかかわらず累計333万以上もダウンロードいただいています(2013年6月24日~2014年7月23日の数値)。

 ここでは弊社アプリが300万件以上もダウンロードされるために行った施策や、これからさらにユーザーを増やすための施策について紹介します。

女性ユーザー向けの写真デコレーションアプリ

 はじめに2つのアプリの概要を説明します。いずれも、女性ユーザーの利用を想定した写真加工ができるアプリです。フィルター効果や、装飾するための画像(スタンプ)を使ってかわいくデコれるアプリです。

 2つのうち、先にリリースしたのは、たくさんのハートのスタンプがウリの「My Heart Camera」で、2013年の6月です。リリース4日後には日本のApp Storeランキング・トップ無料の「写真/ビデオ」にて1位、総合でも10位を獲得しました。このアプリはその後3週間ほどで30万ダウンロードを突破し、現在では116万ダウンロードを越え、毎日2万~3万件起動されています。

 「My Heart Camera」からテーマを広げ、機能アップした「Pico Sweet」は2014年11月4日にリリース。こちらも、公開から4日で日本のApp Storeランキング・トップ無料の「写真/ビデオ」にて1位、総合では3位に躍進しました。

 リリースから2ヵ月弱で100万ダウンロードに到達し、現在では216万ダウンロードを越え、毎日7万~10万件起動されています。

基本機能は、フィルター効果とスタンプ貼り付けによる写真加工と、
作成した画像のSNSへのシェア
基本機能は、フィルター効果とスタンプ貼り付けによる写真加工と、作成した画像のSNSへのシェア

「My Heart Camera」の発案は、身近な人の行動がきっかけ

 私たちは、2011年からアプリ企画制作をはじめ、「My Heart Camera」を出すまで60本以上のアプリをリリースしていましたが、それらをあわせても30万ダウンロードに届かず、ヒットに恵まれない状態が2年半ほど続いていました。

 おもなアプリ開発担当は、アプリ事業を始める前はFlashやJavascript、PHPなどのWeb制作を行っていた川野辺くんひとり。彼は、奥さま(20代)とお子さん(もうすぐ2歳)がいるナイスガイ&パパで、彼の奥さまの行動から、「My Heart Camera」のアイデアが生まれました。

 ある日、川野辺くんの奥さまがSNSに投稿された写真を見て、その写真に付いていたハートのスタンプに心を奪われます。奥さまはもともと写真をデコレーションすることが好きで、そのハートのスタンプを自分でも使いたいと思い、さまざまなアプリを調べはじめました。

 ハートのスタンプをひとつ探すだけで、2~3時間もスマホを見つめ続けている奥さまの姿を見た川野辺くんは「いろんなハートが収録された、ハートに特化したデコアプリはニーズあるかも」と、ひらめいたのです。

 写真デコアプリというと、既に数千万ダウンロード級の先達がおり新作が出ては消えていく、いわゆるレッドオーシャンと思われている分野です。しかし、スマートフォンアプリは、必ずしも豊富な機能が要求されるわけでもなく、単機能であっても多くのユーザーを獲得している事例がたくさん見られることは知っていました。

 というわけで、写真/デコという、大衆(マス)に支持されている分野において、シンプルだけどうまく特徴を示せれば、先達の強豪たちとパイを奪い合わずにダウンロードが稼げるのではないかと考えるようになったのです。

既に多くのユーザーがいる分野において存在感を示せれば、
それなりのユーザー獲得が期待できる
既に多くのユーザーがいる分野において存在感を示せれば、それなりのユーザー獲得が期待できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 森英信(モリヒデノブ)

     スマートフォンアプリや雑誌・書籍などの企画制作事業を手がける有限会社アンジーの代表。出版社勤務を経て、1999年より大手出版社の携帯キャリア公式サイトを多数制作。2005年に有限会社アンジーを設立。出版企画およびWeb制作事業を展開。2011年からスマホアプリ開発事業を開始し、2013年に同社がリリースし...

バックナンバー

連載:宣伝費ゼロで合計300万DL突破アプリの施策裏話

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5