MarkeZine(マーケジン)

記事種別

広告代理店と媒体社を結ぶ「メディアレップ」←単なるピンハネ屋じゃねーの?の巻

2007/11/15 09:00

我輩は、インターネットコンサルタントである。客は、まだいない。なぜなら我輩は、ネットのことを知らないからだ。ハハハハハ! ……今日のキーワードは「メディアレップ」だ。「レップ」と略されることもあるらしいぞ。

なんですか? レップって。

ねえ。道明寺さん

なんだね。美人秘書の綾小路クン

さっきからネット広告業界について勉強してたんですが、なんだかよくわからない業態があるんですよ

ん? それはなんてとこ?

メディアレップ、です

うーん。聞いたことないなぁ

でも、ものの本には、ちゃんと出てるんですよ。なんでも、広告代理店と媒体社を結ぶところらしいです

媒体社というのは、テレビ局とか新聞社ってことだよな

そうですね。インターネットの場合は、サイト運営者ってとこでしょうか

ふーむ。つまりテレビや新聞の場合だと、『広告主⇔広告代理店⇔媒体社⇔視聴者』となるわけだが、インターネットの場合は『広告主⇔広告代理店⇔メディアレップ⇔媒体社⇔視聴者』となるわけか

そう。たぶんそういうことです

ふーむ……。わかったぞ! このメディアレップというのは、悪いヤツだ

わ、悪いヤツ?

そうだ。IT業界ってのは、門外漢からするとよくわからないところだからな。こういった中間業者を配置することで、余計に金を取っているだけに違いない

え~?

広告業界には魑魅魍魎がいまだウヨウヨ、というわけだな

いえ、きっと違いますよ。よくわからないですが、重要なことをやってるんですよ

いや、そんなことはない。寝てるだけでお金をガバガバ吸い上げている会社に違いない。だいたい何だよメディアレップって。レップってどういう意味?

『media representative』の略でしょうね。representativeというのは、代表者とか代理人という意味ですよ

あ、綾小路クン。英語に詳しいのね

帰国子女ですから

ま、何にしても、このカッコイイ名前といい、どうも胡散臭い。きっと、単なるピンハネ業者に違いない!

そんなことありませんって!

いいや! 絶対、ピンハネ屋だって!

よーし。そこまで言うなら、実際に会って聞いてみましょう

え? 誰に?

メディアレップの代表的な企業であるデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム。通称『DAC』ですよ

え。マジで?

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5