MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「今すぐ欲しい!」と「商品について知りたい」両方OK ドモホルンリンクルのスマホECサイトをチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 各社「正解」を模索中のスマホECサイト。先駆者のサイトを例に、スマホECのユーザビリティを追究します。今回はドモホルンリンクルさんを取り上げます。

 「ドモホルンリンクル」(運営:再春館製薬所)のスマホECサイトは、ラジオや雑誌等の宣伝に触れたら「すぐ欲しい!」と感じたままに申し込みを完結できる工夫が秀逸です。

 身近なユーザー接点であると同時に、手軽な申し込み用のツールであるわけですね。そうしたモバイルの立ち位置を明確化している点が参照できるポイントです。「お客様を逃がさない」というサイト運営側の心持ちの表れも感じました。

「すぐに欲しい!」、「もっと知りたい!」お客様のニーズに対応するスマホ用ランディングページ

 「ドモホルンリンクル」の宣伝に触れた消費者は、「すぐにお電話を」という宣伝の表現から、手元のスマホ端末ですぐに電話をする人が多いと想像します。それとは別の導線で、「ドモホルンリンクル」とスマホで検索をしてサイトを見てから申し込む層も少なくないと思います。

クリックすると拡大します

 スマホ用ページの作り方として、このランディングページではお申込み登録欄がページ下部にあり、ページ1枚で完結させている点が参考になります。「欲しい」という気持ちを維持したまま、一直線で完了にまで至る工夫です。スマホは1ページでも遷移を減らすことが必勝法です。ランディングページであるのにランディングページ内にフォームがないのはNG。ページ一体型になっているのが最適解です。

 その一方、「今すぐ欲しい!」と感じてすぐに行動する以外にもお客様はいます。このランディングページに訪問するユーザーは「商品理解が十分ではない層」と「今すぐに欲しい層」の2種類でしょう。

 「商品理解が十分ではない層」は、宣伝で触れた内容を詳しく知りたいという気持ちがあり、商品の魅力や信頼性等を求めてランディングします。それに応じる形で「数字での立証」や「無料お試しセットの内容」、「実感して欲しいと思うポイント」、「お客様の声」等の十分なコンテンツを配信しています。

 「今すぐに欲しい層」に向けてのページ作りは最上部に「お申込みはこちら」のボタンを設置し、タップすると最下部のフォームへページ内リンクをする構成で、必要情報を入力すればすぐに申し込みが完了できるようにしている点です。商品理解をしたいお客様、今すぐ欲しいお客様、両方に対してリーチするスマホ用のランディングページの見本です。

 また、見逃せないのが「電話をかける」用のボタンもあることです。宣伝に触れ、スマホサイトで商品理解をし、でもスマホからの申し込みは面倒(怖い、やったことがない、時間がない等も含め)だという場合でもカバーできる導線ですね。(続きはECzineで

【関連記事】
カートに商品を入れるまでわずかタップ2回! モバイルの基本に忠実な、夢展望のスマホECサイトをチェック
押し売りせず、自然にリピートへと誘導する絶妙な設計 やずやのスマホECサイトをチェック
主要3モールに出店したら知っておきたい DeNA、Qoo10、YAMADA、ポンパレモールはここが違う!
カートから「買い物を続けるメニュー」への導線に注目! ニッセンスマホECサイトをチェック
「ZOZOTOWN」の会員登録ページから考える 入力項目の選択と離脱させないユーザビリティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 株式会社モバイルコマース 新規事業部部長 中村 潤平(ナカムラ ジュンペイ)

    法政大卒業後、2005年株式会社インデックス入社。3キャリア公式モバイルサイト企画・運営、モバイルソリューション提案などのモバイル事業に関わった後、2009年株式会社モバイルコマース入社。スマートフォンサイトのコンサルティング業務、スマートフォンサイト公式化、スマートフォン変換ツール営業・企画など、スマートフォンを中心としたモバイル事業の営業・企画・コンサルティングに従事。最近はスマホを使って売上UPすることを目的としたスマホ...

バックナンバー

連載:ECzineピックアップ

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5