MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

直帰率が高いのは、新規・リピート? 「Tableau(タブロー)」でクロス集計・フィルタリングする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 リスティング広告から在庫管理まで、EC担当者のデータ分析効率を上げるBIツール 「Tableau(タブロー)」を活用して高速PDCAを回しましょう。今回は、前回作ったダッシュボードに手を加え、クロス集計・フィルタリングをしていきます。

Tableauでラベルを付与する

 前回(第2回)のコラムでは、PDCAを高速で回すためのダッシュボードの要件、および、ダッシュボードの作成のため、元データに存在する指標から「計算フィールド」を使って新しい指標を作成する方法を解説しました。今回は、続きとして、ダッシュボード作成上のテクニックを紹介します。

 前回は、以下のように「週別の訪問数」について折れ線グラフでビジュアライズしたところで終わっていました。

週別訪問数のビジュアライズ(3-1図)
クリックすると拡大します

 時系列的な遷移は直感的に理解できますが、訪問数実数がわかりません。そこで、「ラベル」に訪問数を追加したのが以下です。ずいぶん分かりやすくなりました。

折れ線グラフにラベルを追加(3-2図)

Tableauでグラフを分割する

 次に、サイトへの訪問数の推移の変化がどのデバイスから発生しているのかを確認できるように、訪問数を「デバイス」別に分けてビジュアライズしてみましょう。実際の操作としては、ディメンション項目の「デバイス」を、「マーク」の「色」にドラッグ&ドロップします(続きはECzineで)

【関連記事】
ECサイトリニューアルの手引[2]Google アナリティクスで分析・診断する【テンプレートつき】
毎日3分見るだけで改善点までわかってしまう!? Google アナリティクスの「集客サマリー」は超便利レポート!
「効果ないね」と言う前にそもそも計測していますか? Google アナリティクスでリスティング広告やメルマガの効果を計測する方法
面倒だけどなんとしても設定しておきたい Google アナリティクスのeコマース機能
BIツール「Tableau(タブロー)」とは? 使いかたとECサイトへの導入メリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 株式会社プリンシプル WEB解析事業部長 木田 和廣(キダ カズヒロ)

    1989年早稲田大学政治経済学部卒業。豊田通商の南米駐在員として自動車販売に従事。ソフトバンクグループの株式会社カービューへの転職をきっかけにオンラインマーケティングの世界に入る。その後、大企業向けWeb解析ソリューション WebTrendsの営業を経てコンサルタントに転身。2009年には Goog...

バックナンバー

連載:ECzineピックアップ

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5