MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

SEOと「信頼」のためSSL導入 脱サラして焙煎珈琲ショップ「縁の木」を開いた女性店長インタビュー

2015/05/21 08:00

 「モバイルフレンドリー」が検索順位に影響するとして、対応に追われるECサイト。しかし、こちらも影響するとして2014年8月に発表された「HTTPS」については、未対応のままのところも少なくないのでは。この騒動を機に、SSLサーバ証明書を導入した、焙煎珈琲豆をネットショップ等で販売する「縁の木」さんに、きっかけや経緯をお伺いしました。

脱サラして焙煎珈琲ショップの店長に!今の時代、ECは必須

 浅草から隅田川沿いを1駅歩くと、下町情緒と若者向けのおしゃれなセレクトショップが共存する街、蔵前にたどりつく。焙煎珈琲豆を販売する小さなお店「縁の木」は、2013年5月、駅から徒歩1分のところにオープンした。店長は、白羽玲子さん。以前は出版社で広告営業の職につき、バリバリのキャリアウーマンとして働いていたが、1年前に脱サラして起業したと言う。

珈琲焙煎処 縁の木 店長の白羽玲子さん

 「2人目の子どもに障害があることがわかり、将来はその子と一緒にできる、ものづくりの仕事がしたいと思ったのがきっかけです。そして将来的には、うちの子だけではなく、知的障害を持つ方たちも働ける場として、この場を成立させたいと考えました。

 今のところ、BtoC向けに珈琲豆を焙煎して販売する商売を営んでいますが、私が以前、広告営業でBtoBの仕事をしていたこともあり、ゆくゆくは企業さんの手土産や、オフィスコーヒー、ノベルティなど、ご注文いただいて納期が決まっているものを順番通りに焼いていく、というビジネスを主にしていきたいんです」

 起業時から、実店舗とともにECサイトも開設した。当時はどちらかというと、実店舗がメインで、ECはあくまで補助的な役割を想定していたという。

 「実店舗は、未経験職種だったこともあり、お客様と直接触れ合って生の声を聞く、実地の研修の場という意味もあります。加えて、店の奥の小上がりで、障害を持つ方たちの就労訓練を受け入れているのですが、その方たちが、お客様が豆を選び、それを焙煎し、必要なら挽いて、パッケージするという一連の流れをつかむのにも役立っています。

 一方でECは、実は当初は、それほど重きを置いていませんでした。『BtoBはハイタッチ営業』なんて言われますが、結局のところ、実際に人が動いて、ニーズを聞いて受注しないと意味がない仕事です。ですから、これまでのお客様は実店舗に足を運んでくださるか、メールでご連絡いただいたら請求書をお送りする、というやりかたを考えていたんです。だから、ECはそんなに使われないだろうというのが、出だしでした。

http://en-no-ki.com/info/

 でも実際に始めて見ると、まずお店が12時から17時までの営業なので、その時間に買いに来られない方が『通販はないのか』とおっしゃる。ほかにも、『地方の人にも紹介したいのだけど、通販はないのか』といったお話をいただくようになる。しばらくやってみると、通販しか利用されないお客様が一定数出てくるようになりました。

 この経験から、『通販で身を立てようとしなくても、ECサイトはなきゃダメなんだな』ということを学び、当初よりもECに重きをおいて運営しているというのが現状です。加えて、BtoBをやるからには、ホームページはきちんと整備されていないといけません。WordPressで作ったサイトを、私自身が毎日少しずつ手を入れ、商品の情報を厚くするなどして、改修を続けています」

 いまや「お店をやりたい」と思ったら、実店舗もECも同時に考える必要があるらしい。そうなると、とくにITリテラシーがそれほど高くない人にとってハードルが高いのが、ECサイトを作り、運営するという点だが……。白羽さんはどう取り組んだのか。次ページから詳しく聞いていこう(続きはECzineで)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

この記事もオススメ

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5