MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

八ヶ岳に住みたいね!を実現。そのうえで週3日は品川で働き続ける、津田賀央さんの場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/08/24 08:00

 働く場所を自分自身の意志で選び取る。インターネットが発達した今、それは決して夢物語ではありません。本連載では「WHERE=場所」を重視し、東京以外の場所に拠点を移す生き方を選び取った人たちを紹介して行きます。今回は、東京でメーカーに勤めながら、八ヶ岳に住み始めた津田賀央さんへのインタビューです。

「あれ、会社勤務はどうするの?」長野県に引っ越すと聞いて、最初に脳裏に浮かんだこと

 津田賀央さん36歳。奥さんと2人の男の子(6歳、3歳)との4人家族。広告代理店の東急エージェンシーでデジタル領域のプランナー/プロデューサーとして活躍した後、SONYの企画開発部署に転職した変わり種。国際広告賞(津田さんは釜山国際広告賞の審査員も務めている)などを通して旧知の津田さんから、この4月から八ヶ岳の近くに引っ越すと聞かされて、最初に僕の頭に浮かんだのは「会社勤務は?」ということでした。

 聞けば、正社員から契約社員に移行し、週3日働くという形で会社勤務は続けながら、長野県富士見町に拠点を移す、と言います。いやぁ、自由だなぁ。面白い人がいるなぁ。素敵なチャレンジだなぁ。勤めている会社も懐が深いなぁ。そんな様々な想いが交錯する中、津田さんを訪ねました。

八ヶ岳の風景

佐藤:富士見町に拠点を移すことになった、そもそものきっかけは何ですか?

津田:元々、山登りや山歩きが好きなのですが、一昨年の秋に家族で八ヶ岳でキャンプをしたんです。そこで奥さんと会話していて、「山の近くで働きたいね」「八ヶ岳に住みたいね」みたいな話になって。

佐藤:それってけっこう最近の話ですよね。ずいぶんと急展開じゃないですか?

津田:はい。その後、八ヶ岳の辺りに住んだり働いたりする方法はないかなぁと、なんとなくネットで調べてたら、いま住んでいる富士見町が、移住者に空き家を有利な条件で提供するホームオフィス・プロジェクトをやっているのを知りました。

佐藤:ほー、その募集に応募したんですか?

インタビューを快く引き受けてくれた津田賀央さん。笑顔が素敵です◎

津田:いえ、応募の前に、プランナー魂みたいのが出ちゃって。大々的な告知をしているわけではなさそうですし、正直、ウェブサイトの案内もPDFの資料がのっているだけみたいな状況で。これは、改良の余地が大いにあると思いました。そこで、ウェブサイトの改良案も含めて、自分なりの企画書を書いて、メールで送ってみたんです。

佐藤:凄いなぁ。単なる応募者として始めずに、プランそのものに関わろうとする辺りが。で、反応は?

津田:すぐに丁寧な連絡をいただきました。そして、昨年の夏には町長にお会いすることになったんです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 佐藤達郎(サトウタツロウ)

    多摩美術大学教授(広告論/マーケティング論/メディア論)。2004年カンヌ国際広告祭フィルム部門日本代表審査員。浦和高校→一橋大学→ADK→(青学MBA)→博報堂DYMP→2011年4月 より現職。 受賞歴は、カンヌ国際広告祭、アドフェスト、東京インタラクティブアドアワード、ACC賞など。審査員としても、多数参加。個人事務所コミュニケーション・ラボにて、執筆・講演・研修・企画・コンサルなども。また、株式会社小田急エージェンシーの外...

関連リンク

バックナンバー

連載:働き方に、もっと、自由を!「WHEREから始める」という新しい働き方

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5