MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

6年ぶりに製品のUI/UXを大改善、そこで学んだノウハウを共有します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/01/29 10:00

 グループウェア「rakumo」が6年ぶりの大リニューアルをしたことをご存知ですか? コンセプトから作り直し、誰がどのように使用するかを考え、施策づくりをする。まさに「UI/UXデザインの大改善」でした。その取り組み学んだ知見を共有する本連載、第1回目は、リニューアルの根本に巣食う「組織の問題」に焦点をあてます。

6年ぶりのUI大改善で得た知見、共有します

 みなさまこんにちは。rakumo株式会社でUIデザイン/アートディレクションを担当している田中と申します。今回から4回にわたり、UXプロセスについてお話したいと思います……といきなり専門家のように書き出しましたが、ごめんなさい、私はまだUXについて端的に説明できるほどの理解はありません。

 この連載では、UXデザイナーであるネットイヤーグループ坂本 貴史さんのご協力のもとに、私たちrakumoのメンバーがUXプロセスを学んでいく過程で得られた、いろいろな気付きや考察をお話できればと思います。

 私たちは、グループウェア「rakumo」シリーズを提供しています。rakumoはクラウドプラットフォーム上(Google AppsやSalesforce)で動作する拡張製品で、2010年に最初の製品「rakumo カレンダー」をリリースしました。そして昨年の10月に、6年ぶりに大幅に機能やUIを一新したバージョンをリリースしました(以降は、新しいバージョンを新カレンダー、古いものを旧カレンダーと呼称します)。

 rakumoカレンダーのスクリーンショット(右から新、旧)
rakumoカレンダーのスクリーンショット(上から新バージョン、旧バージョン)

 本連載は、6年ぶりの大リニューアルの取り組みと、そこで学んだことを共有するという試みなわけです。第1回目では、まず、私たちがUXを学ぶに至った背景の話をさせてください。

製品の課題とチームの課題

 アップデートに至る6年間、旧カレンダーにはさまざまなご意見をいただき、毎月のようにアップデートを重ねてきました。ですが、改善や機能追加作業の常で、内部コードのエントロピー(不規則性・情報量)は増大してスパゲティ化し、解決したくても解決できない問題が増えてきました。そこで、既存の改修ではなく、抜本的にコードを書き直すリニューアルを実施することで、これまで手のつけにくかった課題を解決することにしました。

 抜本的なリニューアルという方針がたったことで、普段の修正/改善作業よりも多くの工期を確保できました。今回の新カレンダーの場合では通算で10か月ほどの工期をとりましたが、この工期は、製品の課題だけでなく、チームが抱えていたいくつかの根深い問題にメスを入れる、めったにないチャンスでもありました。根深い問題とは何か ?次のページで具体的にご紹介します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 田中倫太郎(タナカ リンタロウ)

    rakumo株式会社 チーフデザイナー UIデザインとアートディレクションを担当。記者、ライター、eラーニングコンテンツの開発、ニュースメディアのアートディレクターを経て、2008年より現職。因果性や仕組みに興味があります。

関連リンク

バックナンバー

連載:UI/UX改善“実践”レポート

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5