MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ファン心理をくすぐるアプローチ方法を探せ! 『激レアバイト』が続けるTwitter広告の研究に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/02/22 12:00

 「25クリエイティブ×4センテンス=100パターン」これは、リクルートジョブズが展開する『激レアバイト』の1求人案件当りのTwitter広告の数だ。しかも、2週間ごとに3~8案件の告知を行っているという。さらにターゲティングのテストも加わるのだから膨大だ。彼らはなぜ、ここまでするのだろうか。その狙いと広告運用から見えてきた成功の法則を聞いた。

他では体験できない“激”レアなバイトを紹介

 リクルートジョブズが展開する「タウンワーク」のサービス『激レアバイト』をご存知だろうか?“日給3万円、交通費支給”の、日常では体験できないようなレアなアルバイトを紹介するというものだ。同コンテンツでは、高速かつ大量なTwitter広告のクリエイティブテストを続けているという。今回、リクルートジョブズの金井氏、伊神氏、市川氏および、Twitter Japanの西原氏にTwitter広告運用の詳しい話を伺った。

写真左から株式会社リクルートジョブズIT戦略室デジタルマーケティング部マーケティンググループグループマネージャー金井 統氏、同グループ伊神 巨樹氏、市川 泰宏氏、Twitter Japan株式会社ストラテジックアカウントセールスアカウントエグゼクティブ西原 裕識氏
写真左から、株式会社リクルートジョブズ IT戦略室 デジタルマーケティング部 マーケティンググループ
グループマネージャー 金井 統氏、同グループ 伊神 巨樹氏、市川 泰宏氏
Twitter Japan株式会社 ストラテジックアカウントセールス アカウントエグゼクティブ 西原 裕識氏

 リクルートジョブズのIT戦略室デジタルマーケティング部マーケティンググループでは、リクルートの5メディア(「タウンワーク」、「フロム・エー ナビ」、「はたらいく」、「とらばーゆ」、「リクナビ派遣」)等を横断して、全てのプロモーションからWEB集客まで行っている。その中で、金井氏は全体のマネジメント、伊神氏は『激レアバイト』の戦略企画、市川氏はデータ分析やシミュレーションモデルの構築を担当。また、西原氏は、Twitterのリクルート担当営業として、Twitterを活用したブランディングからダイレクトレスポンスマーケティングまでトータルでサポートしている。

インセンティブに頼らない新規カスタマー向け施策を実現するために

MarkeZine編集部(以下、MZ):そもそも『激レアバイト』を始めた背景は何でしょうか?

金井:魅力的なコンテンツを用意することで、「タウンワーク」を初めてご利用いただくカスタマーを増やすことを目的にしています。

 ECサイトなどでよく見られるのがインセンティブ施策だと思います。ですが、求人情報サイトの場合はインセンティブで左右される要素が少ないため、あまり有効ではありません。そこで、求人を見に来ているカスタマーが求めている求人情報をコンテンツ化して創り、ここでしかできない貴重な体験を届けようと考えて生まれたものが『激レアバイト』です。日常生活では体験できないようなお仕事、例えばJAXA様(宇宙航空研究開発機構)と組んだ宇宙バイトや、アニメの声優のバイト、F1レースのスタッフバイトなど、今までに約100以上の求人案件を展開しています。

『激レアバイト』
『激レアバイト』

MZ:Twitterはいつから、どのように活用されているのですか?

金井:『激レアバイト』を開始するまでは、アプリのインストール広告を中心に活用してきました。2014年1月に『激レアバイト』を開始してからは、Twitter広告でのプロモツイートを活用させて頂いております。

プロモツイート:ターゲットのタイムラインに、広告主のツイートをネイティブアドとして表示する広告

 アルバイトの案件ごとに、ターゲティングのためのキーワードを多数用意して相性の良い層を探っています。我々のメディアは、多くのトラフィックを獲得する必要があるので、利用規模が大きいTwitterからの流入を意識しています。

伊神:施策の評価軸としては、CPAを見ています。また、CTRとCVR、そしてCTVRを見ながらレポートを1時間ごとにチェックし、リアルタイムでチューニングして常に最適化しています。

MZ:『激レアバイト』でのTwitter運用はどのような組織体制で行なわれているのでしょうか。

伊神:実際のクリエイティブ制作から広告運用までを広告代理店様に、全体のディレクション及び数値モニタリングによる改善を当社が行っています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載:Twitterプロモーションの最新動向を追う

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5