MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

大空に羽ばたくハトの軌跡を撮る! トルコ・カッパドキアの夜空に浮かんだ奇跡のハート型

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 天体の動きなど、光の軌道を描いた写真ってきれいですよね。あるカメラマンは、ちょっとユニークな方法で光の動きを切り取りました。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

キャンペーン概要

 時期:2016年
 国名:トルコ
 企業/ブランド:Huawei
 業種:情報通信

光で描かれるハトの軌道、すごく幻想的です。

 今回ご紹介するのは、中国の通信機器メーカー「Huawei」のオンラインコンテンツ。あるカメラマンがトルコの世界遺産カッパドキアで、奇跡の瞬間をカメラに収める様子を描きました。

 多くの写真家たちが夢見ているプロジェクト、それは“光で何かを描き、その光の軌跡を撮る”こと。世界中で様々な取り組みが実施されており、ドローンを駆使して撮影したものなど実にユニークな一枚が数々投稿されています。

 今回、そのいずれにも負けず、唯一無二な作品を撮るべく写真家たちが掲げたのが、“ハトの足にLEDライトを装着し、大空にはばたくハトの軌道の光でハート形を描き、それを携帯端末Huawei P8のカメラで収める”という企画です。

 撮影に協力してくれたのがこちらのハト使い。馬鹿げているとも思える写真家たちのプランに耳を傾け、ハトの飛び方の習性などを丁寧に教えてくれます。

 撮影当日。何十羽ものハトの足に、軽量型のLEDライトを装着し、一斉にはばたかせます。

 撮影した長時間露出写真がこちら。光で絵を描いています。

 そして、こちらが奇跡の一枚。

 白色の光が大空に“ハート型”を描くことに成功したのです。

 “Make it Possible”(あらゆることを可能にする)を掲げるHuawei社のプロモーション企画でした。

動画はこちら

 

先週の紹介キャンペーン

 これがIoT時代の夫婦喧嘩! スマホ操作で繰り広げられる仁義なき戦い

 記事転載元:AdGang

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載: 「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5