MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ロックオン、人工知能によるリスティング広告自動入札システムをリニューアル~小予算アカウントでも自動化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/03/03 09:30

 ロックオンは、リスティング広告運用プラットフォーム「THREe」の人工知能によるリスティング広告自動入札システム「ヒト型ポートフォリオ」をリニューアル。これにより、小予算アカウントの運用自動最適化にも対応できるようになった。

 ロックオンは、リスティング広告運用プラットフォーム「THREe(スリー)」のメイン機能である、人工知能によるリスティング広告自動入札システム「ヒト型ポートフォリオ」を大幅に刷新した。これにより、少予算アカウントに特化したリスティング運用にも対応できる。

 多くのリスティング広告自動入札システムは、大規模アカウントに最適化されたシステム設計となっている。しかし、リスティング広告の出稿キーワードの多さや、運用負荷は出稿予算に比例するものではなく、実は少予算アカウントに最適化されたリスティング自動入札システムへのニーズが多くあることがわかり同社は今回の刷新に至った。

 今回の刷新により、少予算アカウントでの効果最大化や予算管理に対応し、「コンバージョン最大化ロジック」に加え「クリック数最大化ロジック」も追加。これにより、コンバージョンが少なく認知目的のリスティング運用やブランディングを意識した広告主でも活用できる。

【関連記事】
インフォキュービック、「DoubleClick Search」で多言語リスティング支援
AIが自動で改善レポートを作成~ メタップス、ウェブ接客「SPIKEオートメーション」に新機能追加
日産、自社の最新技術から着想した“自動で元の位置に戻るイス”を公開
サイバーエージェント「AI Lab」、明治大学と産学連携へ~人工知能×アドテクノロジー活用を推進
Kaizen Platform、グロースハックパートナープログラムを提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5