MarkeZine(マーケジン)

記事種別

オープンテキスト最新アップデート コンテンツ管理のニーズを統合型サービスで解決する

2017/01/12 10:00

 近年のデジタル化の加速と、スマートフォンの普及により、企業は顧客に最適化されたWebサイト制作とカスタマーデータの管理が必要不可欠になった。2016年12月8日に開催された「INNOVATION TOUR TOKYO」では、主催のオープンテキスト社によるカスタマーエクスペリエンスマネジメント、Webコンテンツ管理とカスタマーコミュニケーション管理の最新ソリューションをテーマとしたプレゼンテーションが行われた。

 近年のデジタル化の加速と、スマートフォンの普及により、企業は顧客に最適化されたWebサイト制作とカスタマーデータの管理が必要不可欠になった。2016年12月8日に開催された「INNOVATION TOUR TOKYO」では、主催のオープンテキスト社によるカスタマーエクスペリエンスマネジメント、Webコンテンツ管理とカスタマーコミュニケーション管理の最新ソリューションをテーマとしたプレゼンテーションが行われた。

オープンテキスト日本法人カスタマーエクスペリエンス マネジメント プリセールスマネージャ 小口貴史氏

 オープンテキスト社は、EIM(エンタープライズ情報管理)分野を中心としたソリューションの提供を行なっているカナダの企業である。当日は、「Webコンテンツ管理最新アップデート」と題し、日本法人カスタマーエクスペリエンス マネジメント プリセールスマネージャの小口貴史氏から、Webコンテンツを管理する最新版のソリューションについて紹介がなされた。

マルチデバイス時代に対応した、サービス提供Webサイトの構築

 Webサービスの運用を考えた際、マーケターやコンテンツ管理者、商品管理者など、様々な人が携わる。こうしたWebサービス運用におけるWebサイトの制作から公開までの、すべてのフローをサポートするソリューションが、OpenText デジタル エクスペリエンス マネジメントだ。

OpenText デジタルエクスペリエンス マネジメントのイメージ

 まず、コンテンツ制作環境の中心となるのが「OpenText TeamSite(以下、TeamSite)」という、コンテンツ管理の製品。この環境でコンテンツをつくり、公開までのワークフロー、自動配信などを行うことができる製品だ。そして、「OpenText Media Management/MediaBin(以下、Media Management/MediaBin)という2つの製品が、このコンテンツづくりを行う上で、写真データなどのデジタル資産を管理する。このMedia Management/MediaBinにストックしたデジタルデータをTeamSiteと連携して、コンテンツ制作をスムーズに行うことができる。

 コンテンツの公開には、OpenText LiveSite(以下、LiveSite)というモジュールを使って、サイトの訪問者へ最適なコンテンツを提供することができる。最後にあるOpenText Optimostは、A/BテストやMVT、ターゲティングツールとオープンテキストのコンサルタントによるマネージドサービスで、他のモジュールと違い、ソフトウェアではなくSaaSとしての提供となる。

 これらを統合し、Webサイト制作におけるコンテンツ管理を統一的に行うことを可能にするのが「OpenText デジタル エクスペリエンス マネジメント」だ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5