MarkeZine(マーケジン)

記事種別

出会って3秒でブランドリフト! スマホ世代がハマるGIF動画はブランディング界の遅れてきた新星だ

2017/04/25 13:00

 感度の高いスマホ世代の若者の間でGIF動画が静かなブームになっていることをご存じだろうか。GIFというと「バナー広告を作成する際に使用するレガシーなフォーマット」というイメージを抱いている人も多いかもしれない。確かにGIFはブロードバンドの普及でいったんは廃れた。しかし、回線速度が安定しないスマートフォンの普及がきっかけとなり、“短尺・クリックレス再生・自動ループ”というGIF動画の特徴がスマホ世代の熱い注目を集めている。こうした背景のもと海外ではGIF動画をブランディング広告に使うことは一般的になっており、日本でも事例が現れ始めている。多様なGIF動画作品が投稿されるメディア「GIFMAGAZINE」を運営する大野謙介氏に、広告主にとってのGIF動画の魅力について聞いた。

GIF動画を日常的に楽しむスマホ世代

――大野さんが運営されている「GIFMAGAZINE」は、どのようなメディアなのでしょうか。

大野:「GIFMAGAZINE」は、エンタメ好きなスマホ世代向けの“ショートムービーメディア”です。端的に言えば、GIF動画版のYouTubeやInstagramですね。誰でもアカウントを作ってGIF動画を投稿することができるようになっており、多くの作り手が集まってきてくれています。もちろん見て楽しむだけのユーザーも数多くいます。

株式会社GIFMAGAZINE 代表取締役社長 大野 謙介氏
株式会社GIFMAGAZINE 代表取締役社長 大野 謙介氏

――どのくらいのアクセスを集めているのでしょうか。

大野:「GIFMAGAZINE」のサイト内での再生回数は、月間6,000万回。さらに「GIFMAGAZINE」からSNSへシェアされることで、さらに多くのコンテンツビューが生じています。Twitterでは2,300万回/月、Facebookでは7,500万回/月の再生回数があります。「GIFMAGAZINE」から操作すると各SNSへ投稿しやすいこともあり、GIF動画のプラットフォームとしての側面も持っています。

(c)瀬川三十七 via GIFMAGAZINE

今、なぜGIFがリバイバルしているのか?

――GIF動画が昨今、再び注目されるようになった背景は、どこにありますか?

大野:GIFの歴史は長く、1980年頃に生まれた形式です。1989年にアニメーションの機能が追加されました。その後、Flashの普及や通信回線の高速化にともない、2000年代の後半にかけて次第に廃れていったのですが、2010年を境に再び脚光をあびるようになってきました。

――2010年というと、iPhone3Gが登場してスマホの普及が加速化した時期ですね。

大野:はい。GIFの復権にはスマホの流行と切っても切れない関係があります。2010年ごろにリバイバルが起きたのは、「iOSがFlashに対応していないこと」「GIF動画には瞬間的に楽しめる爆発力があり、スキマ時間に楽しめるのでスマートフォンとの相性が非常にいいこと」という二つの大きな理由が考えられます。

 GIF動画の再生はどんなブラウザでもできますし、容量が軽いので移動中の通信環境がよくないところでも、サクッと見ることができる。

――スキマ時間で楽しむには格好の条件がそろっていたために、スマホ世代の心をつかんだわけですね。

大野:もはやGIFは単なるファイル形式ではなく、スマホに最適化された動画体験の代名詞といってよいのではないかと思います。なにげなくTwitterやニュースアプリなどのタイムラインを流し見していたとしても、“短尺・クリックレス再生・自動ループ”のGIF動画なら、パッと目を引きます。ストレスなく視聴できるためスマホ世代へのリーチが抜群で、ブランディング広告の手段としての価値も再評価され始めています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5