MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

【検索エンジン調査】明らかに異なる、Yahoo!とGoogleの「検索」ユーザー像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2008/05/19 11:00

検索エンジンといえば、Google/Yahoo!を思い浮かべる方も多いと思いますが、それぞれのユーザー層は大きく異なります。今回から、3回にわけて検索エンジンのユーザー層を探っていきます。【関連記事は こちらから! 】

はじめに

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、定点観測として、「検索サービスの利用実態」に関する調査を実施した。

調査概要/調査結果サマリー

調査概要

  • 調査対象者 :16歳~59歳の男女(性年代の均等割付け)
  • サンプル数 :500
  • 調査期間  :2008年4月9日~2008年4月10日
  • 調査方法  :インターネットリサーチ
  • 調査機関  :株式会社メディアインタラクティブ

調査結果サマリー

  1. 90%弱のユーザーが、1日1時間以上インターネットを利用している。
  2. Yahoo!には、ライト・ミドルユーザー(ネット利用時間が短い)や女性、若年層が多い。
  3. Googleには、ヘビーユーザー(ネット利用時間が長い)や男性が多い。
  4. 百度の利用率は1.2%と、日本市場でシェアを伸ばしつつある。

利用時間:90%弱のユーザーが、1日1時間以上

 Q1では1日のインターネット利用時間について尋ねた。利用時間は「2時間~3時間未満」が23.2%と最も多く、次いで「1時間~2時間未満」が22.0%となった。

 1時間未満と回答したユーザーはわずか10%強で、この調査がインターネットリサーチであることを考慮したとしても、90%近くのユーザーは1日に最低1時間以上インターネットに接触していることが伺える。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5