MarkeZine(マーケジン)

記事種別

携帯契約数シェア、ドコモは1.82%減、ソフトバンクは1.34%増【2008年携帯契約数総まとめ】

2009/01/13 13:20

 携帯電話の契約純増数でソフトバンクモバイルが独走を続けた2008年、ユーザー満足度では高い評価を得ているauの不振は今年も続きそうだ。

 社団法人電気通信事業者協会の発表によると、2008年12月末時点で携帯電話の契約純増数で1位となったのはソフトバンクモバイル。以下、イー・モバイルに猛追されていたNTTドコモが3か月ぶりに2位となり、3位イー・モバイル、4位はauとなった。

事業者別契約純増数の推移 (2008年1月~12月)

 上のグラフは2008年1年間の純増数の推移をまとめたもの(auは、KDDIが2008年3月末日でサービスを終了したツーカーのマイナス分を含まない単体データ)。3月時点では、auとソフトバンクモバイルはともに50万を超える純増を示していたが、auはその後低迷し、新規参入したイー・モバイルに6月に抜かれている。

 2008年12月末時点の、携帯4社の累計契約数のシェアは以下のとおり。2008年1月末時点でのシェアと比較すると、ドコモは1.82%減、auは0.35%減、ソフトバンクは1.34%増、イー・モバイルは0.82%増となり、通年ではドコモとauはマイナス、ソフトバンクとイー・モバイルがプラスとなった。

2008年12月時点の累計契約数における4社のシェア

 ソフトバンクが華やかに話題を振りまくなか、各社微増・微減の1年となった2008年。ドコモは後半、持ち直しているものの、auの不振は今年も続きそう。ユーザーの満足度調査では高い評価を得ているだけに、au不振の理由にはなにか根本的な問題がありそうだ。

【関連記事】
サービス満足度1位はau、端末メーカー1位はソニエリ【J.D. パワー顧客満足度調査】
ユーザーの本音「新機能はもう十分、料金を安く」、満足度が最も高いのはソフトバンクの「ホワイトプラン」【カカクコム調査】
7月の携帯契約純増数でauが絶不調、iPhone発売もソフトバンクの伸びはやや渋め?
auが減速、6月の携帯電話契約純増数でイー・モバイルに抜かれて最下位に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5