MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「代引き・収納代行」規制の動き、ネットショッピング経験者の約半数が「知らなかった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2009/01/16 13:20

 「代引き」やコンビニでの「収納代行」などの、ベンリな決済方法に対して規制を求める動きがある。アイシェアは、ネットショッピング利用者がこうした規制をどう考えているかについて調査を行った。

 配達時に商品と引換えで代金を支払う「代金引換決済(代引き)」やコンビニエンスストアで支払う「収納代行」に対して、金融庁が「代引き」や「収納代行」の規制を国会で提案しようとしたところ、業者は「為替取引に当たらない」として反発。これらの既存サービスに対する規制導入は見送られることになった。

 アイシェアは、こうしたニュースがどの程度認知されているかなどについて、1月に調査を行い、20代から50代を中心とした527名(男性56.7%、女性43.3%)から有効回答を得た。調査対象者のうち、ネットショッピング経験者は96.8%。利用している支払い方法は「クレジットカード」が84.5%で最も多く、「代引き」は52.9%、「収納代行」は41.8%となっている。

 今回のネット通販の規制強化について「知っていた」人は18.8%、「知らなかった」人は53.1%。また、「薬のネット販売に関する規制は知っていたが、収納代行などの規制は知らなかった」とした人は28.1%となっており、この問題についての認知度はそれほど高くはないようだ。

 しかし、もし規制が実現してこれらのサービスが利用できなくなった場合、「困る」と「困るかもしれない」を合わせると 83.8%となり、薬のネット販売規制を不便に感じるとした人の31.6%を大きく上回っている。

【関連記事】
mixiユーザー1500万人のために新決済システムを、ミクシィと三菱商事が会社設立
Google AdWordsの決済がコンビニでも可能に
アマゾンに「食品&飲料ストア」がオープン
ニッセン、百度とのダブルネームで中国にショッピングサイトを展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5