MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂DYmp、野球中継で球速表示をバーチャル合成、ワンセグとラジオを組み合わせた番組を企画

2009/07/13 12:10

 南海放送と博報堂DYメディアパートナーズは、テレビ映像にリアルタイムでCG看板を合成する「バーチャル看板企画」とワンセグ放送の音声をラジオ放送と連動させた「ワンセグラジオ放送」を実施する。

 「バーチャル看板企画」は、バーチャルグラフィックス技術を使い、ピッチャーがボールを投げてボールがミットに収まるとバックネットフェンス上のバーチャル映像が球速を表示する仕組みになっている。

 また「ワンセグラジオ放送」企画は、テレビ放送のサイマル映像とラジオ放送の音声を組合せることによって、小さい画面でも試合の途中経過がわかりやすい野球中継を演出する。

 この企画が実施は、7月12日に愛媛・松山の坊っちゃんスタジアムから生中継される「日米大学野球選手権大会・第1戦」(テレビは南海放送とBS日テレ、ラジオは南海放送)で実施される。

【関連記事】
みんな気になるWBC中継のバックネット広告は「ヴァーチャル広告」
博報堂DY、「一球速報」のデータスタジアムを子会社化
博報堂DY、ラジオとワンセグを組み合わせたクロスメディア番組を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5