MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ソニー、最大1万台のデジタルサイネージに配信できるASPサービスを2月展開

2010/01/22 12:00

 ソニーは、広域・多拠点へのコンテンツ配信が可能なデジタルサイネージのASPサービスを、プロ用とエントリー用の2種類提供する。

 2月15日から提供を開始するのは、広告事業者向けの「ASP Pro」と、流通・飲食・文教・金融の販促用の「ASP Entry」の2種類。インターネット網を利用して、最大1万台のディスプレイへのセキュアなコンテンツ配信が可能になる。

 10台導入時のディスプレイコントローラー1台あたりのサーバー利用料(アプリケーション含)は、「ASP Pro」が月額12,600円、「ASP Entry」が月額7,560円。購入は1台から可能だが、ディスプレイコントローラー1台あたりの提供価格は条件によって変動する。

【関連記事】
JR東日本、WiMAXを使ったデジタルポスターを展開
KDDIとNEC、店舗の内外に設置したデジタルサイネージで実証実験
日本ラッド、病院向けデジタルサイネージシステムの開発・販売を開始
アニマックスとソニー、CS放送とデジタルサイネージを組み合わせた広告パッケージを展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5