MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通ら4社、携帯でも楽しめるAR広告を読売新聞に掲出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2010/10/15 20:10

 電通は、電通テックらと共同で、携帯電話でCG映像によるAR(拡張現実)が体験できる日本初の新聞広告を10月18日の読売新聞朝刊に掲出する。  

 電通は、電通テック、デザイン百貨店、コンセプトの3社と共同で、3キャリアの携帯電話でCG映像によるAR(拡張現実:Augmented Reality)が体験できる日本初の新聞広告を掲出する。

 今回展開する新聞広告は、10月18日の読売新聞の朝刊に掲載されるCOP10開催記念「生物多様性特集」に掲出される(コンテンツは1か月間利用可能)。これまでのAR広告とは異なり、スマートフォンだけではなく、3キャリアの携帯電話でも同じマーカーを撮影することで楽しむことができる(注)。ARコンテンツの内容は、CG映像によって、紙面上を動物たちが動き回り、思わぬ展開の後、生物多様性の重要性についてのキャッチフレーズが現れるというもの。今後は、各キャリアの対応機種を拡大し、さまざま紙面で展開する。

注:今回の広告の対応機種は、docomo/auは2008年3月以降に発売されている国内端末のみ(詳しい対応機種は当日のQRコードへのアクセスで確認可能)。SoftbankはiPhone(3GS以降、iOS4.0以降)のみ対応となっています。(10月18日追記)

【関連記事】
住友商事、AR(拡張現実)連動型新聞広告を展開
チェブラーシカとセカイカメラがARでコラボ
セカイカメラでつぶやきがハトになって飛んでいくツイッタークライアント「CooKoo」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5