MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

デジタルシニア層の6割がネットショッピングを経験
意外に価格コンシャスな一面も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2011/06/09 11:25

 電通総研「DENTSUデジタルシニア・ラボ」は8日、シニア層のインターネット活用についての調査を行い、デジタルシニア層の約6割がすでにネットショッピングを行っていることなどが明らかになった。

デジタルシニア層の6割がネットショッピング

 DENTSUデジタルシニア・ラボは、2月中旬、昨年に引き続き、「デジタルシニア層」と「非デジタルシニア層」を対象に調査を行った。調査対象は、東京都23区内在住の60~74才までの生活者600人。「デジタルシニア層」は、 普段ネットをメールを除いて1日30分以上利用している人、「非デジタルシニア層」は、ネットの利用は一切行わない人。

 パソコンでインターネットを使って何を行っているかをたずねたところ、デジタルシニア層で最も多かったのは「ネットショッピングで商品・サービスを購入する」(59.7%)で、「チケット予約」や「ネットオークション」も上位にあがっている。

パソコンのインターネットで行うこと(デジタルシニア層 N=300)

 同ラボの過去の調査によると、デジタルシニア層がネットで購入している物品としては、「地方の特産品」「昔読んだ本」「孫へのプレゼント」「化粧品」「サプリメント」などがあがっている。

資金力豊富なシニア層に、価格コンシャスな一面も

 デジタルシニア層がネットショッピングで重視している点については、「店頭で買うより同じ商品が安く買える事」が1位となった。資金力が高いとも言われるシニア層だが、実際には非常に価格コンシャスな面を持つことが明らかになった。

ネットショッピングで重視する点(デジタルシニア層 N=300)

 一方、非デジタルシニア層に、ネットを使っていないことで感じる不便な点などをたずねると、「何かに応募したいときに応募方法がインターネットとなっていたため断念した」という項目がトップとなり、「インターネットを使えればもっと安く商品を買えると思うことがある」が続いている。

 また、非デジタルシニア層がインターネットを使える環境にあったら利用したいサービスとしては、「電車の切符が購入できるサービス」「昔のテレビ番組が見られるサービス」「旅行の手配ができるサービス」などの項目が上位にあがっている。

ネット環境があったら利用してみたいサービス(非デジタルシニア層 N=300)

【関連記事】
電通と東大大学院「デジタルシニア・ラボ」設立
「Facebookチェックインクーポン」日本版公開
生命保険料の見直しで料金が安くなった人は6割超、高齢者はリスクを感じる人も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5