MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ソーシャルメディアでの話題化を促す3つのポイント
「フリスクさわやかすぎる通勤キャンペーン」の事例から紐解く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 先進的な取り組みを行うデジタルエージェンシーが、二か月交代で責任編集を行うこのコーナー「Agency's Choice」。7月~8月はビルコム株式会社が担当。第2回は、ソーシャルメディアキャンペーンを設計する際に頭に入れておきたい“話題を促すポイント”を、同社がてがけた「フリスクさわやかすぎる通勤キャンペーン」の事例から解説します。

 前回は、企業と消費者とのコミュニケーションの間に起きている変化をもとに、デジタルマーケティングが求められるようになった背景とデジタルエージェンシーの提供価値についてお伝えしました。今回からは、弊社が手掛けた最新事例をもとに、デジタルマーケティングに求められる視点をご紹介します。

「さわやかさ」と「通勤」のギャップを活かしたキャンペーン

 「フリスクさわやかすぎる通勤キャンペーン」は、2011年2月28日にクラシエフーズ株式会社より発売された新フレーバー「フリスク マスカットミント」の、認知拡大を目的として展開された「Webプロモーション × リアルイベント型」キャンペーンです。

 ターゲットである20代~30代男女のビジネスパーソンに、新商品の特長でもある「さわやかさ」を伝えるため、Web上でフリスクが話題になる仕掛け作りが求められました。

 そこで、私たちは「さわやかさ」を象徴するものとして「朝」に着目しました。

 さわやかな朝のなかでも、さわやかでないコト。それは、通勤ラッシュです。この通勤ラッシュをフリスクがさわやかにプロデュースすることで、新フレーバーの「さわやかさ」を印象付けることができると考えました。

 このような着想のもと、私たちは「さわやかすぎる通勤」というインパクトのあるインセンティブを用意し、プレゼントキャンペーンを実施することにしました。プレゼント内容は、自宅から会社へのリムジンでの送迎、プロの音楽家による車内演奏、豪華朝食。想像するだけで思わず面白くなってしまうような演出で、ソーシャルメディア上での口コミ拡散を図りました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載:デジタルマーケティング活用の最新事例レポート

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5