MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スマホ版「Yahoo! JAPAN」における、フリークエンシーと認知率の相関関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/01/25 13:20

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムは、「スマートフォン版Yahoo! JAPAN」ユーザーの、フリークエンシーと広告認知の相関関係についての調査結果を発表した。

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、スマートフォン広告の認知効果を測定するため、「スマートフォン版Yahoo! JAPAN」ユーザーを対象に昨年11月から12月にかけて調査を行った。調査対象キャンペーンは、ディスプレイ広告6案件。スマートフォン版Yahoo! JAPANにおいて対象の広告に接触したユーザーから538サンプルを回収した。 

フリークエンシーとディスプレイ広告認知率の関係
※フリークエンシーの最小値と最大値を固定し、データを平滑化する移動平均法で作成
フリークエンシーとディスプレイ広告認知率の関係※フリークエンシーの最小値と最大値を固定し、データを平滑化する移動平均法で作成

 その結果、フリークエンシー(インターネット広告に対するユーザー1 人あたりの接触頻度)とディスプレイ広告認知率には相関関係が見られた。フリークエンシーの増加とともにディスプレイ広告認知率は上昇する傾向を示し、フリークエンシー4回で、広告接触者の半数となる約50%が広告を認知する結果を得た。

 今回の調査結果にもとづき、Yahoo! JAPANは、平均フリークエンシーが4回になることが期待される投下量で設計した新広告商品「スマートフォン版Yahoo! JAPAN スマートパネル スペシャル」のリリースを予定している。

【関連記事】
iPhone向け動画広告の認知率、バナー広告の1.7倍
2011年度ソーシャルメディア広告市場、前年比110.5%で665億円規模 
マクドナルド、スマホアプリ加入が500万突破
マルイ、買物しなくてもポイントがたまる「スマポ」導入
企業メッセージ認知率1位はロッテ「お口の恋人」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5