MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

アップル、グーグル、フェイスブックの2011年の売上比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/02/07 15:50

 米フェイスブック社は1日、米証券取引委員会に新規株式公開(IPO)の申請書類を提出し、その業績を明らかにした。分野は違うが、ここでアップル、グーグル、フェイスブックの2011年の売上高を比較してみよう。  

 世界最大のSNS「Facebook」を運営するフェイスブック社は、IPO申請の際に同社の業績やサービスの利用状況を公開。2011年の売上高は37億1100万ドル、純利益は10億ドル。SNS「Facebook」の利用状況は、月間アクティブユーザー数が8億4500万人、1日に押される「いいね!」とコメントの数は27億となっている。以下のグラフで、同社の勢いがわかるだろう。

フェイスブックの2009~2011年の売上高と純利益
フェイスブックの2009~2011年の売上高と純利益

 フェイスブック社は今後、ネットユーザーが増加しているブラジルやインド、ネット利用者に占めるフェイスブック利用者の割合が低い日本や韓国、ロシアで普及を図ると報じられている。

 分野は違うが、IT業界を牽引するアップル、グーグルの業績と比較すると、以下のようになる。IPOによって50億ドルともいわれる資金を調達するフェイスブック社は今後、どのような成長曲線を描くことになるのだろうか。

アップル、グーグル、フェイスブックの2011年の売上高と純利益
アップル、グーグル、フェイスブックの2011年の売上高と純利益

【関連記事】
フェイスブックがIPO申請、50億ドル調達へ
フェイスブックvs各国ローカルSNSの攻防
アップルがAndroidを僅差で破って米国シェア1位
アップル、中国でiPhone 4S展開
グーグルの中国撤退後、百度・捜狗のユーザー数が増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5