MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

グーグルが2つの新指標を発表、インプレッションをより厳密に再定義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/04/23 17:35

 米グーグルは18日、ブランドマーケティングROIを向上させる2つの指標を導入すると発表した。

 グーグルは今回、Brand Activate InitiativeというブランドマーケティングのROIを向上させる取組みについて発表した。今回発表された2つの指標のひとつ「Active View」は、ディスプレイ広告が画面上にすくなくとも50%、かつ1秒間表示されたことをカウントするもの。

 従来は、アドサーバーから広告が配信されると1インプレッションとカウントしていたが、配信されでもエンドユーザーの見える範囲内に表示されなかったり、画面上にきちんとロードされなかったりすることもある。この「Active View」では、実際に画面の前にいる人間がその広告を見ることができるかを重視して計測し、広告主は、表示されたインプレッションにのみ代金を支払うことになる。

 グーグルは、Active Viewを今後数週間のうちにGoogle Display Networkで順次展開。最終的には広告管理・配信ソリューション「DoubleClick for Advertisers」に組み込んで提供する。

 もうひとつの新しい指標「Active GRP」はテレビCMの効果測定指標として使われているGRP(のべ視聴率)を、ウェブ用にバージョンアップしたもの。これは集約したパネルデータと匿名のユーザーデータを組み合わせた統計的なモデルを使って算出されるため、個人情報を扱う必要がないという特徴がある。この指標はDoubleClick for Advertisersクライアント向けのパイロットプログラムとして提供を開始する。

 グーグルは、米インタラクティブ広告業界団体IABらの取組み「Making Measurement Make Sense (3MS)」や業界全体と連携してこれらの指標の普及に努め、雑誌やテレビで広告を展開している多くのブランドをウェブに呼び込みたい考えだ。

【関連記事】
米国マーケターの半数が代理店にコスト削減を要請 【ANA調査】
新聞と雑誌に“実力以上の”広告費を投下していないか?
米国ネット広告売上高、過去最高の310億ドル、モバイルが3ケタ成長【IAB調査】
アタラ、流入元の成果貢献度を評価する2つの指標を開発
企業が重視する広告効果指標、PC広告は「クリック数」、モバイル広告は「クリック単価」
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5