MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

最もよく同時利用されるデバイスの組み合わせはテレビとPC【ニールセン調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/10/26 13:00

 ニールセンが発売した「デジタル・コンシューマ・データベース」から、最もよく同時利用されるデバイスはテレビとPCであることが明らかになった。

 ニールセンは、デジタルデバイスを駆使する消費者の利用行動を可視化する「デジタル・コンシューマ・データベース」を発売した。これは、消費者がどのようにデバイスを使い分けて、コンテンツを利用しているのかを調査したもの。

 調査結果から、同時に複数のデバイスを利用する割合は若年層ほど高いこと。最もよく同時利用されるデバイスの組み合わせはテレビとPCであることが明らかになった。

 複数のデバイスを同時利用すると回答した人は全体の3分の2にのぼり、多くの人が2つ以上のデバイスを同時に利用。男女別の差はほとんどないが、年代別では若年層ほど割合が高かった。性年代別では10代女性が最も同時利用する割合が高い結果に。

性・年齢別複数デバイスの同時利用の有無

 最も同時利用されるデバイスはテレビ、次いでPC。この2つを中心としてスマートフォンを加えると、3つのデバイスの同時利用が全回答数の75%に達した。また、普及率では3割を切るスマートフォンだが、同時利用するデバイスとしては既に従来型携帯電話を上回った。

同時に利用するデバイス(単位:%)
同時に利用するデバイスの組み合わせ(単位:%)


【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査時期:2012年9月7~10日
調査地域:日本全国
調査対象:15~69歳男女
対象者完了者数:3,096サンプル(各年代/男女別均等258サンプル)

【関連記事】
スマートフォンとの相性の良さで、FacebookとLINEの利用者割合が急上昇
アジア太平洋地域、スマートフォン人口が急増 位置情報サービスが今後のカギ
電子書籍リーダー所有者の6割が女性 端末利用者に変化【米ニールセン調査】
広告信頼度調査「アーンドメディア」がダントツ1位【ニールセン調査】
マルチスクリーン広告測定ソリューション「Nielsen Cross-Platform Campaign Ratings」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5