MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

日本と海外14か国、2012年度コンテンツ市場調査結果発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/11/07 11:30

 ヒューマンメディアは、「メディアとコンテンツの産業・市場」について、日本及びアメリカ、ブラジル、インド、中国など14か国の現地調査を行った。

 ヒューマンメディアは、日本及びアメリカ、ブラジル、インド、中国など14か国の現地調査を行い、「日本と世界のメディアxコンテンツ市場データベース2012」を発行した。

 2011年の日本のメディアとコンテンツの市場は11.7兆円。トータルではアメリカに次ぎ2位であったが、ゲーム分野では韓国が迫り、インターネット広告では中国が逆転2位に。

 ゲーム市場は、1位はアメリカ(約1.3兆円)、2位日本(7,443億円)とつづき、3位韓国(7,434億円)は日本とほぼ変わらない。韓国は他の分野に比べてゲームの市場の規模が大きい。また、4位の中国(5,828億円)は、大部分をオンラインゲームが占め、その金額は急速に拡大している。欧州各国は1,500~4,000億円程度、新興国は1,000億円以下の規模であり、ゲーム市場は小さい。

 インターネット広告の市場規模はアメリカが圧倒的に大きい。2位の中国(6,428億円)は市場が急拡大し、4年で4倍の規模となった。また、巨大な人口を抱え、IT産業が拡大しているインドは173億円。市場はそう大きくはないが、年々拡大傾向にあり、今後の拡大が期待される。東南アジアの新興国であるインドネシアとベトナムはともに3億円とインターネット広告市場は小さい。経済発展やインフラ整備は進んでいるものの、ネットビジネスは勃興期であり、広告媒体としての評価はまだ限定的である。

【関連記事】
「日本の広告費」総広告費5兆7096億円で前年比97.7%
新聞と雑誌に“実力以上の”広告費を投下していないか?
SNSは記憶への影響度と興味喚起度が高く、広告効果も高い
米国ネット広告売上高、過去最高の310億ドル、モバイルが3ケタ成長【IAB調査】
女子に効くのは「ネット広告」、男子に効くのは「SEO」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5